ここから本文です

グリーズマンがファルカオを超える シメオネ政権下でゴール数でコロンビア代表のレジェンドを上回る

theWORLD(ザ・ワールド) 9月12日(月)19時40分配信

それでもファルカオは偉大だった

アトレティコ・マドリードのフランス代表FWアントワーヌ・グリーズマンは、10日に行われたセルタ戦でヘディングシュートから2得点を奪う活躍を見せた。

その活躍ぶりからスペイン『MARCA』が選出する第3節のベストイレブンにも選出されたのだが、同メディアはさらに、グリーズマンがアトレティコ・マドリードでの得点を59得点に伸ばし、シメオネ政権下での得点数でラダメル・ファルカオを越えてトップに立ったと伝えた。

グリーズマン2014-15シーズンにレアル・ソシエダから加入。2シーズンかけてコロンビア代表のレジェンドの記録を打ち破った。だがファルカオは2011-12シーズンの夏にアトレティコ・マドリードに加入し、シメオネ監督は2011年の12月にアトレティコ・マドリードの監督に就任したため、ファルカオはグリゴリオ・マンサーノ監督政権下で12得点をマークしており、所属した2シーズンの間に70得点を記録する圧倒的な得点力を発揮していた。

ディエゴ・シメオネ政権下でのストライカーのランキングは以下のとおり。

1 アントワーヌ・グリーズマン 59得点(109試合)
2 ラダメル・ファルカオ 58得点(71試合)
3 ジエゴ・コスタ 56得点(96試合)
4 ラウル・ガルシア 36得点(148試合)
5 コケ 22得点 (235試合)

http://www.theworldmagazine.jp

最終更新:9月12日(月)19時40分

theWORLD(ザ・ワールド)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。