ここから本文です

“最も仲の悪かった”選手はイブラ! 元ブラジル代表DF「彼は迷惑で傲慢で失礼な人間」

theWORLD(ザ・ワールド) 9月12日(月)21時0分配信

スウェーデン人ストライカーは迷惑な男?

かつてバイエルン・ミュンヘンやインテル、そしてユヴェントスといった名門クラブでプレイしてきた元ブラジル代表のルシオが、マンチェスター・ユナイテッドのエース、ズラタン・イブラヒモビッチについて言及している。

歯に衣着せぬ発言で多くの監督や選手と衝突してきた過去があるイブラヒモビッチ。近年で最高のストライカーであるという自負のもと、多くの“自画自賛”コメントも頻繁に話題となる同選手だが、ルシオは彼の性格が合わなかったと感じている。伊『Tutto juve』がインドのFCゴアに所属するブラジル人DFのコメントを伝えた。

「(これまでのキャリアで仲が悪かった選手の名前を聞かれ) その話をするならばズラタン・イブラヒモビッチの名前を出す必要があるだろうね。もちろん彼はとても優秀で素晴らしい選手だけど、一方でとても迷惑な人間だ。他の人間への敬意が無く、かなり傲慢で失礼な人間だよ。僕とイブラヒモビッチの間にはたくさんの出来事があったね。でも最後には互いに謝罪する形で終えているよ」

共に魂のこもった激しいプレイを持ち味とする両者だけに、ピッチ上では多くの衝突があったに違いない。最後には後腐れがないことを説明したルシオだったが、一体2人の間にはどれだけハードな戦いが繰り広げられていたのだろうか。今となってはその真相は2人だけが知っていることだ。

http://www.theworldmagazine.jp

最終更新:9月12日(月)21時0分

theWORLD(ザ・ワールド)

スポーツナビ サッカー情報

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。