ここから本文です

テイラー・スウィフト、ファッション・ショーで元カレの曲を口ずさみジジ・ハディットを応援

Billboard Japan 9/12(月) 19:30配信

 テイラー・スウィフトが、【ニューヨーク・ファッションウィーク】で行われた友人でモデルのジジ・ハディットとトミーヒルフィガー(TOMMY HILFIGER)による新しいコラボレーション発表会に出席した。会場の最前列に座っていたスウィフトは、応援メッセージを添えてその時の様子をインスタグラムに掲載している。

 スウィフトは「あなたを誇りに思うわジジ!!! ものすごく素敵なショーだった。おめでとう、ジジ、トミー、そしてランウェイを歩いた女の子みんな!!」と綴っている。

 なお、皮肉なことに会場のBGMにはスウィフトの元彼、カルヴィン・ハリスの「ディス・イズ・ホワット・ユー・ケイム・フォー feat. リアーナ」が使われている。同曲は、スウィフトが共作者として偽名で参加していたことが明らかになり、この夏、物議を醸した1曲だ。2人が破局したのち、ハリスがスウィフトに呼びかけ、便宜上同曲へスウィフトの名をクレジットする形となったのだ(ちなみに当時のスウィフトは、今や既に元彼となったトム・ヒドルストンとの交際を始めていた)。先日、英GQ誌のインタビューでハリスは、スウィフトとの交際について「明らかにおかしかった。プレッシャーに負けた僕のせいだ」などと述べていた。

 一方、スウィフトは投稿したビデオ映像の中で同曲に合わせて歌っており、楽しんでいるのか挑発しているのか真意は定かでないものの、全く気にしていない様子にも見える。同映像はスウィフトのインスタグラムで確認できる。



◎テイラー・スウィフト・インスタグラム・アカウント
https://www.instagram.com/p/BKJ6sekDIsb/

最終更新:9/12(月) 19:30

Billboard Japan

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

失うことで不完全さの中に美を見出した芸術家
画家のアリッサ・モンクスは、未知のもの、予想しえないもの、そして酷いものにでさえ、美とインスピレーションを見出します。彼女は詩的で個人的な語りで、自身が芸術家として、そして人間として成長する中で、人生、絵の具、キャンバスがどう関わりあってきたかを描きます。 [new]