ここから本文です

嵐・櫻井翔、車椅子バスケ選手役でドラマ主演 「すごく光栄なこと」

クランクイン! 9月12日(月)13時0分配信

 人気グループ・嵐のメンバーである櫻井翔が、フジテレビの新春大型ドラマ『君に捧げるエンブレム』で、車椅子バスケの選手を演じることが決定。エキサイティングな車椅子バスケ競技が見所となる本作について櫻井は「この番組は、障がいを売りものに視聴者の涙を誘う、そんな番組ではありません」と語っている。

【関連】櫻井翔もランクイン「学生が思い描く“理想の面接官”」ランキング


 『君に捧げるエンブレム』は、車椅子バスケ日本代表選手として世界を目指した実在の元Jリーガーをモデルに描くヒューマン・ラブストーリー。逆境に立ち向かう男と、どん底に陥った夫を持ち前の笑顔で支え続けた妻の、温かな夫婦愛が描かれる。櫻井が演じるのは、天才サッカー選手として活躍したものの、交通事故によって車椅子バスケへ転向することとなる主人公・鷹匠和也(たかじょう・かずや)だ。

 2年ぶりのドラマ出演となる櫻井。決して容易ではない役どころを演じるにあたり「別の番組で障がい者スポーツの取材をさせていただいている中、いろいろ思うところや伝えたいと思うことがあるのですが、今回ドラマという表現の中で、(障がい者スポーツに)スポットライトを当てることができるのであれば、それはすごく光栄なことだと思っております」とコメント。

 また、主人公のモデルとなった元Jリーガーの京谷和幸と対面したそうで、そのときの印象を「頑張ってるな、とか障がいがあるのに偉いな、とかそういうものではなく、とにかく“かっこいい人だな”というものでした」と明かす。さらに「自分の限界に挑戦する主人公がアスリートとして純粋にかっこいい、そしてそれを支える最愛の人や、家族がこれまた抜群にかっこいい、そんな風に思ってもらえるドラマを目指します」とドラマにかける強い思いを語っている。新春大型ドラマ『君に捧げるエンブレム』は2017年新春に放送予定。

最終更新:9月12日(月)13時0分

クランクイン!