ここから本文です

【白球つれづれ】カープ優勝の裏にある貧者の知恵

ベースボールキング 9/12(月) 21:07配信

白球つれづれ~第24回・広島東洋カープ~

 お見事、赤ヘル!広島東洋カープが25年ぶり7度目のリーグ優勝を達成した。エースの黒田博樹と出戻り主砲の新井貴浩の号泣抱擁も感動したが、地元広島市民の歓喜と涙が何より四半世紀の時の重みを感じさせてくれた。

 オーナーであり球団の筆頭株主でもある松田元は「カープは公共財」という。そう、12球団の中で唯一の市民球団だからこそファンの愛情と思い入れは他と一線を画しているのだろう。だが、一方で親会社の潤沢な資金に期待できない市民球団ゆえの苦労がこの球団には付きまとってきた。そんな苦境を跳ね返せたのは「貧者の知恵」ともいうべき努力があったことを忘れてはならない。

先発野手の平均年俸は3倍以上の差?!

 以下に優勝決定となった9月10日の巨人戦の両軍先発オーダーと入団時のドラフト順位と今季年俸を記す。(年俸単位は万円)


田中(3)4100万円
菊池(2)8500万円
丸 (3)8500万円
新井(6)6000万円
鈴木(2)1700万円
松山(4)2800万円
安部(1)1080万円
石原(4)1億円
黒田(2)6億円
合計   10億2680万円


長野(1) 1億7500万円
亀井(4) 7000万円
坂本(1) 2億5000万円
阿部(1) 3億2600万円
村田(2) 3億円
ギャレット 3億500万円
辻 (3) 710万円
小林(1) 2600万円
マイコラス 2億4000万円
合計    16億9910万円
(※年俸額はスポニチ選手名鑑参照)

 この数字からは二つの大きな違いがわかるはずだ。ひとつは巨人のオーダーにドラフト1位が4人いるのに対して広島は9年目の安部ただ一人で他は2位から6位までと幅広い。二つ目は総年俸の開きだ。先発メンバーだけで実に7億円近いが、これを先発野手に限定すると8選手平均で巨人が1億8239万円に対して広島は5335万円。いかにカープが低予算で効率よく勝利を手にしたかがわかる。

1/2ページ

最終更新:9/12(月) 21:07

ベースボールキング

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

E.T.は(多分)いる -- 心して待て
SETIの研究者であるセス・ショスタックは24年以内に地球外生命体を発見できると賭けを申し出ます。そうでなければコーヒーを一杯おごると。何故、発見できるのか。そして、はるかに進んだ社会を発見することによって人類はどう影響を受けるのかについて語ります。