ここから本文です

<2016-17>CL・グループC(バルセロナ、マンチェスター・C、ボルシアMG、セルティック)チーム基本データ

SOCCER KING 9月12日(月)14時30分配信

■バルセロナ

【創立】
1899年
【ホームタウン】
バルセロナ(スペイン)
【ホームスタジアム】
カンプ・ノウ(最大収容人数:99,354人)
【主な獲得タイトル】
リーガ・エスパニョーラ(24回)
コパ・デル・レイ(28回)
UEFAチャンピオンズリーグ(5回)※チャンピオンズカップ含む
UEFAヨーロッパリーグ(3回)※インターシティーズ・フェアーズカップ、UEFAカップ含む
UEFAカップウィナーズ・カップ(4回)
UEFAスーパーカップ(5回)
クラブ・ワールドカップ(3回)※インターコンチネンタルカップ含む
【過去5シーズン成績】
<2015-16>リーグ戦:優勝(29勝4分5敗) CL:ベスト8 国内カップ:優勝
<2014-15>リーグ戦:優勝(30勝4分4敗) CL:優勝 国内カップ:優勝
<2013-14>リーグ戦:2位(27勝6分5敗) CL:ベスト8 国内カップ:準優勝
<2012-13>リーグ戦:優勝(32勝4分2敗) CL:ベスト4 国内カップ:ベスト4
<2011-12>リーグ戦:2位(28勝7分3敗) CL:ベスト4 国内カップ:優勝
【CL最高成績】
優勝(1991-92、2005-06、2008-09、2010-11、2014-15シーズン)

【登録選手一覧】
▼GK
1 マルク・アンドレ・テア・シュテーゲン
13 ヤスパー・シレッセン
25 ジョルディ・マシップ
26 ホセ・アウレリオ・スアレス(※)

▼DF
3 ジェラール・ピケ
14 ハビエル・マスチェラーノ
18 ジョルディ・アルバ
19 リュカ・ディニュ
22 アレイクス・ビダル
23 サミュエル・ユムティティ
24 ジェレミー・マチュー
32 ニリ・ペルドモ
33 マルロン
34 セルジ・パレンシア(※)

▼MF
4 イヴァン・ラキティッチ
5 セルヒオ・ブスケツ
6 デニス・スアレス
7 アルダ・トゥラン
8 アンドレス・イニエスタ
12 ラフィーニャ
20 セルジ・ロベルト
21 アンドレ・ゴメス
27 ウィルフリード・カプトウム(※)
28 カルレス・アレニャ(※)
30 アレックス・カルボネル(※)

▼FW
9 ルイス・スアレス
10 リオネル・メッシ
11 ネイマール
17 パコ・アルカセル
29 マルク・カルドナ

(※)はBリスト登録

▼監督
ルイス・エンリケ

■マンチェスター・C

【創立】
1880年
【ホームタウン】
マンチェスター(イングランド)
【ホームスタジアム】
シティ・オブ・マンチェスター・スタジアム ※エティハド・スタジアム(最大収容人数:55,097人)
【主な獲得タイトル】
プレミアリーグ(4回)※フットボールリーグ・ファーストディヴィジョン含む
FAカップ(5回)
キャピタル・ワン・カップ(3回)
UEFAカップウィナーズカップ(1回)
【過去5シーズン成績】
<2015-16>リーグ戦:4位(19勝9分10敗) CL:ベスト4 国内カップ:4回戦敗退
<2014-15>リーグ戦:2位(24勝7分7敗) CL:ベスト16 国内カップ:4回戦敗退
<2013-14>リーグ戦:優勝(27勝5分6敗) CL:ベスト16 国内カップ:ベスト8
<2012-13>リーグ戦:2位(23勝9分6敗) CL:GS敗退 国内カップ:準優勝
<2011-12>リーグ戦:優勝(28勝5分5敗) CL:GS敗退 EL:ベスト16 国内カップ:3回戦敗退
【CL最高成績】
ベスト4(2015-16シーズン)

【登録選手一覧
▼GK
1 クラウディオ・ブラボ
13 ウィリー・カバジェロ

▼DF
3 バカリ・サニャ
4 ヴァンサン・コンパニ
5 パブロ・サバレタ
11 アレクサンダル・コラロフ
22 ガエル・クリシー
24 ジョン・ストーンズ
30 ニコラス・オタメンディ

▼MF
6 フェルナンド
7 ラヒーム・スターリング
8 イルカイ・ギュンドアン
15 ヘスス・ナバス
17 ケヴィン・デ・ブライネ
18 ファビアン・デルフ
19 リロイ・ザネ
21 ダビド・シルバ
25 フェルナンジーニョ

▼FW
9 ノリート
10 セルヒオ・アグエロ
72 ケレチ・イヘアナチョ

▼監督
ジョゼップ・グアルディオラ

■ボルシアMG

【創立
1900年
【ホームタウン】
メンヒェングラートバッハ(ドイツ)
【ホームスタジアム】
ボルシア・パルク(最大収容人数:54,057人)
【主な獲得タイトル】
ブンデスリーガ(5回)
DFBポカール(3回)
UEFAヨーロッパリーグ(2回)※UEFAカップ含む
【過去5シーズン成績】
<2015-16>リーグ戦:4位(17勝4分13敗) CL:GS敗退 国内カップ:ベスト16
<2014-15>リーグ戦:3位(19勝9分6敗) EL:ベスト32 国内カップ:ベスト8
<2013-14>リーグ戦:6位(16勝7分11敗) 国内カップ:1回戦
<2012-13>リーグ戦:8位(12勝11分11敗) CL:プレーオフ EL:ベスト32 国内カップ:2回戦
<2011-12>リーグ戦:4位(17勝9分8敗) 国内カップ:ベスト4
【CL最高成績】
準優勝(1976-77シーズン)

【登録選手一覧】
▼GK
1 ヤン・ゾマー
21 トビアス・ジッペル
33 クリストファー・ハイメロート
35 モリッツ・ニコラス

▼DF
3 アンドレアス・クリステンセン
4 ヤニク・ヴェステルゴーア
5 トビアス・シュトローブル
15 マルヴィン・シュルツ(※)
17 オスカル・ヴェント
19 ファビアン・ジョンソン
24 トニー・ヤンチュケ
27 ユリアン・コルブ
29 ママドゥ・ドゥクレ
30 ニコ・エルヴェディ

▼MF
6 クリストフ・クラマー
8 マフムド・ダフード
10 トルガン・アザール
13 ラース・シュティンドル
14 ニコ・シュルツ
16 イブラヒマ・トラオレ
20 ジブリル・ソウ
22 ラースロー・ベーネス
23 ヨナス・ホフマン
26 ツィー・ウィリアム・ヌデンゲ(※)
28 アンドレ・ハーン
31 ニコ・ブランデンブルガー(※)
36 ニルス・リュテン(※)

▼FW
7 パトリック・ヘアマン
11 ラファエウ
25 ジャンルカ・リッツォ(※)
34 デニス・エカート(※)
38 パウル・シマンスキ(※)
44 バ・ムアカ・シマカラ(※)

(※)はBリスト登録

▼監督
アンドレ・シューベルト

■セルティック

【創立】
1887年
【ホームタウン】
グラスゴー(スコットランド)
【ホームスタジアム】
セルティック・パーク(最大収容人数:60,411人)
【主な獲得タイトル】
スコティッシュ・プレミアシップ(47回)※スコティッシュ・フットボールリーグ、スコティッシュ・プレミアリーグ含む
スコティッシュ・カップ(36回)
スコティッシュ・リーグカップ(15回)
UEFAチャンピオンズリーグ(1回)※欧州チャンピオンズカップ含む
【過去5シーズン成績】
<2015-16>リーグ戦:優勝(26勝8分4敗) CL:PO敗退 EL:GS敗退 国内カップ:ベスト4
<2014-15>リーグ戦:優勝(29勝5分4敗) CL:PO敗退 EL:ベスト32 国内カップ:ベスト4
<2013-14>リーグ戦:優勝(31勝6分1敗) CL GS敗退 国内カップ:4回戦敗退
<2012-13>リーグ戦:優勝(24勝7分7敗) CL:ベスト16 国内カップ:優勝
<2011-12>リーグ戦:優勝(30勝3分5敗) EL:GS敗退 国内カップ:ベスト4
【CL最高成績
優勝(1966-67シーズン)

【登録選手一覧】
▼GK
1 クレイグ・ゴードン
24 ドルス・デ・フリース
26 ローガン・バイリー
38 レオナルド・ファサン
68 ロス・ドーハン(※)

▼DF
2 コロ・トゥーレ
3 エミリオ・イサギレ
5 ヨゾ・シムノヴィッチ
12 クリスティアン・ガンボア
20 デドリック・ボヤタ
23 ミカエル・ルスティグ
28 エリク・スビアチェンコ
34 エオガン・オコネル(※)
50 ジェイミー・マッカート(※)
63 キーラン・ティアニー(※)

▼MF
6 ニル・ビトン
8 スコット・ブラウン
14 スチュアート・アームストロング
17 ライアン・クリスティー
18 トム・ロギッチ
27 パトリック・ロバーツ
42 カラム・マグレガー
49 ジェームス・フォレスト
53 リアム・ヘンデルソン(※)
64 レガン・ヘンドリー(※)

▼FW
7 ナディル・チフツチ
9 リー・グリフィス
10 ムサ・デンベレ
11 スコット・シンクレア
16 ガリー・マッケイ・スティーヴン
59 カルヴィン・ミラー(※)
61 マーク・ヒル(※)
73 マイケル・ジョンストン(※)
76 ジャック・アイチソン(※)

(※)はBリスト登録

▼監督
ブレンダン・ロジャーズ

SOCCER KING

最終更新:9月12日(月)16時42分

SOCCER KING

スポーツナビ サッカー情報

海外サッカー 日本人選手出場試合

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。