ここから本文です

トッティが劇的逆転弾! 1ゴール1アシストの活躍、ローマ勝利の立役者に

SOCCER KING 9/12(月) 9:50配信

 セリエA第3節が11日に行われ、ローマとサンプドリアが対戦した。

 開幕2試合を終えて1勝1分けのローマ。セリエA再開初戦の先発メンバーには、GKヴォイチェフ・シュチェスニーやダニエレ・デ・ロッシ、ラジャ・ナインゴラン、ステファン・エル・シャーラウィらが名を連ねた。

 開始8分、均衡を破ったのはローマだった。エル・シャーラウィのポストプレーから左サイドへ展開し、ディエゴ・ペロッティが右足でクロス。ファーサイドへ飛んだボールに反応したモハメド・サラーがヘディングシュートを突き刺し、先制に成功した。

 対するサンプドリアも18分に反撃。ペナルティーエリア右奥へのロングボールが出ると、最終ラインの背後へ走り込んでいたルイス・ムリエルが右足ダイレクトで合わせる。後ろからのボールを巧みにインパクトし、ゴールへ突き刺した。サンプドリアが鮮やかなゴールで1-1の同点に追いついた。

 さらにサンプドリアは前半終了間際、右CKからファビオ・クアリアレッラが押し込んで逆転に成功。サンプドリアのリードでハーフタイムを迎えた。

 ホームでビハインドを負ったローマは後半開始時からフランチェスコ・トッティとエディン・ジェコを投入。すると、両選手が期待に応える活躍を見せる。まずは61分、左サイドでパスを受けたトッティがワンタッチでロングパスを供給。最終ラインの背後へ走り込んだジェコがペナルティーエリア内でトラップし、相手GKをかわしてゴールへ流し込んだ。

 スコアを2-2としたローマはさらに攻勢をかけ、73分にはトッティのラストパスからサラーが決定機を迎えるなどチャンスを作っていく。そして後半アディショナルタイムにドラマが待っていた。ペナルティーエリア左側でポストプレーを試みたジェコが相手のファウルを受け、PKを獲得。トッティがゴール右隅へ決めると、看板を飛び越えてスタンドの下まで駆け寄る。キャプテンが見せた歓喜の疾走に、オリンピコは大歓声に包まれた。

 試合は3-2で終了。トッティが1ゴール1アシストの活躍を見せ、ローマを勝利に導いた。次戦は15日、ヴィクトリア・プルゼニとのヨーロッパリーグ・グループステージ第1節に臨む。セリエAの次節は18日、フィオレンティーナとのアウェーゲームとなる。

 一方、逆転で敗れたサンプドリアは次節、16日に日本代表FW本田圭佑のミランをホームに迎える。

【スコア】
ローマ 3-2 サンプドリア

【得点者】
1-0 8分 モハメド・サラー(ローマ)
1-1 18分 ルイス・ムリエル(サンプドリア)
1-2 41分 ファビオ・クアリアレッラ(サンプドリア)
2-2 61分 エディン・ジェコ(ローマ)
3-2 90+3分 フランチェスコ・トッティ(PK)(ローマ)

SOCCER KING

最終更新:9/12(月) 9:50

SOCCER KING

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

あなたが同僚の給料を知るべき理由
あなたの給料はいくらですか? 同僚と比べてその金額はどうでしょうか? あなたは知っておくべきだし、同僚もまたしかりだと、経営研究者のデビッド・バーカスは言います。このトークでバーカスは、給料は秘密にするものという文化的前提に疑問を投げかけ、給料を公開することがなぜ従業員、組織、社会にとって良いことなのか、説得力ある議論を展開します。 [new]