ここから本文です

チェルシー、開幕4連勝ならず D・コスタ2発もスウォンジーとドロー

SOCCER KING 9月12日(月)11時6分配信

 プレミアリーグ第4節が11日に行われ、スウォンジーとチェルシーが対戦した。

 開幕3連勝と好スタートを切ったチェルシー。敵地で迎える今節、先発メンバーにはジョン・テリーやエンゴロ・カンテ、エデン・アザール、ウィリアン、ジエゴ・コスタらが名を連ねた。

 均衡を破ったのはチェルシーだった。18分、ペナルティーエリア内で相手のクリアを拾ったオスカルが中央へパスを出すと、D・コスタが右足ダイレクトでシュート。ゴール右隅へ決まり、チェルシーが先制に成功した。

 敵地でリードを奪ったチェルシーは43分、左CKからD・コスタが決定機を迎えたが、至近距離からのシュートは枠の左へ。追加点とはならず、前半は1-0で終了した。

 1点リードで迎えた後半、チェルシーは劣勢を強いられた。58分、相手のロングボールに反応したGKクルトワが飛び出し、ペナルティーエリア内でスライディングを敢行。ボール奪取を狙ったが、ギルフィ・シグルズソンへのタックルがファウルとなり、PKの判定に。シグルズソンに決められ、1-1の同点となった。

 さらに3分後、チェルシーはミスから逆転ゴールを許す。最終ラインでのビルドアップでガリー・ケーヒルがボールを奪われ、最後はレロイ・フェルに押し込まれた。

 ビハインドを負ったチェルシーのアントニオ・コンテ監督は、76分にセスク・ファブレガス、77分にヴィクター・モーゼスを投入。反撃を期すと、81分に同点ゴールが生まれた。ブラニスラフ・イヴァノヴィッチがペナルティーエリア右側をドリブルで突破してシュートを放つと、相手DFに当たった浮き上がったボールにD・コスタが反応。豪快なバイシクルシュートを突き刺した。

 D・コスタの2ゴール目で同点に追いついたチェルシー。しかし、勝ち越しには至らなかった。試合は2-2で終了。勝ち点1を分け合う結果に終わった。

 チェルシーは4連勝を逃し、3勝1分けの勝ち点10で2位。次節は16日、リヴァプールとのホームゲームに臨む。一方のスウォンジーは18日、日本代表DF吉田麻也のサウサンプトンとアウェーで対戦する。

【スコア】
スウォンジー 2-2 チェルシー

【得点者】
0-1 18分 ジエゴ・コスタ(チェルシー)
1-1 59分 ギルフィ・シグルズソン(PK)(スウォンジー)
2-1 62分 レロイ・フェル(スウォンジー)
2-2 81分 ジエゴ・コスタ(チェルシー)

SOCCER KING

最終更新:9月12日(月)11時6分

SOCCER KING