ここから本文です

南野が出場時間15分で2ゴール! ザルツブルグの4発快勝に貢献

SOCCER KING 9月12日(月)11時27分配信

 オーストリア・ブンデスリーガ第7節が11日に行われ、U-23日本代表FW南野拓実の所属するザルツブルクが敵地でアドミラ・ヴァッカーと対戦した。

 4連覇を目指すザルツブルグは、第6節終了時点で3勝2分け1敗の勝ち点11で4位。上位に食らいつくためにも勝ち点3が欲しい一戦となった。南野は2試合連続のベンチスタートとなっている。

 試合は開始9分、ザルツブルグが敵陣中央でフリーキックを獲得。キッカーのヴァロン・ベリシャがゴール前に放り込むと、エリア内右でフリーになっていたジョナタン・ソリアーノが右足で合わせる。一度GKに弾かれたが、こぼれ球をソリアーノが自ら押し込んで、先制に成功した。

 ザルツブルグは33分、ワンダーソンが相手DFをドリブルで振り切り、GKと1対1の場面を迎える。エリア内中央から右足でゴール左を狙ったが、わずかに逸れて枠を捉えることができなかった。前半はこのまま終了し、ザルツブルグ1点リードで折り返す。

 後半に入って53分、ザルツブルグが追加点を挙げる。右CKからのクロスにパウロ・ミランダが高い打点で合わせ、ヘディングシュートを叩き込んだ。

 2点リードの75分、ザルツブルグは南野を投入する。すると85分、エリア内左でボールを拾った南野が、相手DF2人に対してドリブルを仕掛ける。細かいステップでシュートコースを作ると、左足を思い切り良く振りぬく。ボールはゴール右下に吸い込まれた。これが南野にとって2試合ぶりのゴールで、今シーズン2得点目となった。

 さらに直後の88分にも南野が見せる。ワンダーソンからのスルーパスで南野が右サイドを抜け出すと、GKの位置を確認して右足で冷静にゴール右下に流し込んだ。

 このまま試合は終了し、アウェーのザルツブルグが4-0で勝利。2試合ぶりの白星で3位に浮上した。南野は途中出場ながら2ゴールと活躍し、今シーズンの得点数を3ゴールに伸ばした。

 次節、アドミラ・ヴァッカーは17日にシュトゥルムと、ザルツブルグは18日にオーストリア・ウィーンとそれぞれホームで対戦する。

【スコア】
アドミラ・ヴァッカー 0-4 ザルツブルク

【得点者】
0-1 9分 ジョナタン・ソリアーノ(ザルツブルグ)
0-2 53分 パウロ・ミランダ(ザルツブルグ)
0-3 85分 南野拓実(ザルツブルグ)
0-4 88分 南野拓実(ザルツブルグ)

SOCCER KING

最終更新:9月12日(月)11時27分

SOCCER KING

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]