ここから本文です

クロップ監督がサポーターの“歌”に苦言「試合が終わるまでは…」

SOCCER KING 9月12日(月)17時1分配信

 リヴァプールのユルゲン・クロップ監督が、サポーターにある要求をした。イギリス紙『インディペンデント』が11日に報じている。

 10日に行われたプレミアリーグ第4節で、改修したアンフィールドでの初陣を迎えたリヴァプール。対戦相手は昨シーズン王者のレスターだったが、ブラジル代表FWロベルト・フィルミーノの2ゴールなど4点を叩き込み、チャンピオンを撃破した。試合終盤には、勝利を確信したサポーターがクロップ監督の名前を歌う場面が見られた。

 クロップ監督はこれに対し「試合が終わるまで、僕の名前を歌わないでほしい。彼らが“ユルゲン・クロップ”と歌い始めた後、レスターは(ベルギー代表GK)シモン・ミニョレの前でフリーになっていた。PKを決める前に喜んでいるようなものさ」と、試合が終了するまで自分の名前を歌わないでほしいと、サポーターに要求した。

 その上で、「僕はプレーしているわけじゃないからね。でも、彼らが僕のことを気に入ってくれているなら、それはいいことだ。自分も彼ら全員のことが好きだよ」とサポーターからの好意に感謝し、「でも、試合が終わるまでは、僕の名前は歌わないでくれ」と念を押していた。

 リヴァプールはレスター戦の勝利で勝ち点を7とし、順位表でも5位に浮上した。真価が問われるクロップ監督体制2年目、まずまずのスタートを切っている。

SOCCER KING

最終更新:9月12日(月)17時10分

SOCCER KING

スポーツナビ サッカー情報

海外サッカー 日本人選手出場試合

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]