ここから本文です

ミランのモンテッラ監督、パフォーマンスに不満「何もできなかった」

SOCCER KING 9/12(月) 19:44配信

 セリエA第3節が11日に行われ、日本代表MF本田圭佑が所属するミランはホームでウディネーゼと対戦し、0-1で敗れた。試合後、ヴィンチェンツィオ・モンテッラ監督が『ミランTV』のインタビューに応えた。

 試合を振り返ったモンテッラ監督は、「敗戦は妥当なものではない。ダメージが大きい。我々は勝利するためにほとんど何もできなかったが、今日のようなときには引き分けなければいけないよ。それでも、前を向き、力と怒りを全面に出していかなければいけないがね」と語り、勝利に値するパフォーマンスではなかったと認めつつ、最低でもドローで終えなければならなかったと主張した。

 また、「試合のリズムは納得できないものだった。我々自身が解決しなければいけない。何かしらプラスアルファを出す必要がある。守備を固める相手と対戦したときには、もっと試合を構築する際にスピーディーに戦い、結果を出すために、より上手くプレーしなければならない」と、引いて守る相手に対する攻撃を改善する必要があると述べた。

 そして、昨シーズンに指揮した古巣サンプドリアとの次節については「(サンプドリアの本拠地に)戻ることができるのは嬉しいことだ。クラブとサポーターは多くのものを自分に与えてくれたからね」と語っている。

SOCCER KING

最終更新:9/12(月) 19:44

SOCCER KING

スポーツナビ サッカー情報

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

E.T.は(多分)いる -- 心して待て
SETIの研究者であるセス・ショスタックは24年以内に地球外生命体を発見できると賭けを申し出ます。そうでなければコーヒーを一杯おごると。何故、発見できるのか。そして、はるかに進んだ社会を発見することによって人類はどう影響を受けるのかについて語ります。