ここから本文です

途中出場でチャンス演出の本田に高評価 伊紙「素晴らしいクロス」

SOCCER KING 9月12日(月)13時30分配信

 セリエA第3節が11日に行われ、日本代表MF本田圭佑が所属するミランはホームでウディネーゼと対戦した。3試合連続でベンチスタートとなった本田は79分からピッチに立ち、今シーズン初出場を果たしたが、チームは0-1で敗れている。

 イタリア紙『ガゼッタ・デッロ・スポルト』は、同試合の採点を発表。本田には元アルゼンチン代表MFホセ・ソサとともにチーム最高となる「6」をつけた。

 寸評では、「もはや息切れのソサに代わって途中出場。攻撃を二つ組み立て、そのうちの一つはゴールエリア内の(カルロス・)バッカへの素晴らしいクロスだった」と、短い出場時間で決定機を生み出したことを評価している。

 なお、ミランの最低点は無得点に終わったコロンビア代表FWカルロス・バッカで「5」となっている。

 連敗を喫したミランは次節、16日にアウェーでサンプドリアと対戦する。

SOCCER KING

最終更新:9月12日(月)13時30分

SOCCER KING