ここから本文です

UEFAチャンピオンズリーグ歴代優勝チーム一覧(ヨーロピアン・カップ時代を含む)

SOCCER KING 9月12日(月)18時33分配信

 欧州最強のクラブチームを決める大会『UEFAチャンピオンズリーグ』は、1955年にフランス誌『レキップ』のガブリエル・アノ氏の提案により開始された。1955-56シーズンの第1回大会からは『ヨーロピアン・チャンピオン・クラブズ・カップ』(European Champion Clubs'Cup)の名称でスタートし、通称『ヨーロピアン・カップ』と呼ばれていた。1992-93シーズン大会から呼称が現在の『UEFAチャンピオンズリーグ』(UEFA Champions League)に変更されると、1990年代には大幅なルール改正が行われ、各国リーグの優勝国のみならず、強豪クラブが参加する世界最高峰のトーナメントとなった。

 今回は『ヨーロピアン・カップ』時代を含む、歴代の優勝クラブを振り返ってみる。

※左が優勝チーム

【2015-16】
レアル・マドリード(スペイン)1-1(PK5-3) アトレティコ・マドリード(スペイン)
<得点者>
(レ)セルヒオ・ラモス 
(ア)ヤニック・フェレイラ・カラスコ

【2014-15】
バルセロナ(スペイン) 3-1 ユヴェントス(イタリア)
<得点者>
(バ)イヴァン・ラキティッチ、ルイス・スアレス、ネイマール
(ユ)アルバロ・モラタ

【2013-14】
レアル・マドリード(スペイン) 4-1(延長) アトレティコ・マドリード(スペイン)
<得点者>
(レ)セルヒオ・ラモス、ギャレス・ベイル、マルセロ、クリスティアーノ・ロナウド
(ア)ディエゴ・ゴディン

【2012-13】
バイエルン(ドイツ) 2-1 ドルトムント(ドイツ)
<得点者>
(バ)マリオ・マンジュキッチ、アリエン・ロッベン 
(ド)イルカイ・ギュンドアン

【2011-12】
チェルシー(イングランド) 1(PK4-3)1 バイエルン(ドイツ)
<得点者>
(チ)ディディエ・ドログバ
(バ)トーマス・ミュラー

【2010-11】
バルセロナ(スペイン) 3-1 マンチェスター・U(イングランド)
<得点者>
(バ)ペドロ・ロドリゲス、リオネル・メッシ、ダビド・ビジャ
(マ)ウェイン・ルーニー

【2009-10】
インテル(イタリア) 2-0 バイエルン(ドイツ)
<得点者>
(イ)ディエゴ・ミリート×2

【2008-09】
バルセロナ(スペイン) 2-0 マンチェスター・U(イングランド)
<得点者>
(バ)サミュエル・エトー、リオネル・メッシ

【2007-08】
マンチェスター・U(イングランド) 1(PK6-5)1 チェルシー(イングランド)
<得点者>
(マ)クリスティアーノ・ロナウド
(チ)フランク・ランパード

【2006-07】
ミラン(イタリア) 2-1 リヴァプール(イングランド)
<得点者>
(ミ)フィリッポ・インザーギ×2
(リ)ディルク・カイト

【2005-06】
バルセロナ(スペイン) 2-1 アーセナル(イングランド)
<得点者>
(バ)サミュエル・エトー、ジュリアーノ・ベレッチ
(ア)ソル・キャンベル

【2004-05】
リヴァプール(イングランド) 3(PK3-2)3 ミラン(イタリア)
<得点者>
(リ)スティーヴン・ジェラード、ヴラディミール・シュミツェル、シャビ・アロンソ
(ミ)パオロ・マルディーニ、エルナン・クレスポ×2

【2003-04】
ポルト(ポルトガル) 3-0 モナコ(フランス)
<得点者>
(ポ)カルロス・アルベルト、デコ、ドミトリー・アレニチェフ

【2002-03】
ミラン(イタリア) 0(PK3-2)0 ユヴェントス(イタリア)

【2001-02】
レアル・マドリード(スペイン) 2-1 レヴァークーゼン(ドイツ)
<得点者>
(レア)ラウル・ゴンサレス、ジネディーヌ・ジダン
(レヴァ)ルシオ

【2000-01】
バイエルン(ドイツ) 1(PK5-4)1 バレンシア(スペイン)
<得点者>
(バイ)シュテファン・エッフェンベルク
(バレ)ガイスカ・メンディエタ

【1999-00】
レアル・マドリード(スペイン) 3-0 バレンシア(スペイン)
<得点者>
(レ)フェルナンド・モリエンテス、スティーヴ・マクマナマン、ラウール・ゴンサレス

【1998-99】
マンチェスター・U(イングランド) 2-1 バイエルン(ドイツ)
<得点者>
(マ)テディ・シェリンガム、オーレ・グンナー・スールシャール
(バ)マリオ・バスラー

【1997-98】
レアル・マドリード(スペイン) 1-0 ユヴェントス(イタリア)
<得点者>
(レ)プレドラグ・ミヤトヴィッチ

【1996-97】
ドルトムント(ドイツ) 3-1 ユヴェントス(イタリア)
<得点者>
(ド)カール・ハインツ・リードレ×2、ラース・リッケン
(ユ)アレッサンドロ・デル・ピエロ

【1995-96】
ユヴェントス(イタリア) 1(PK4-2)1 アヤックス(オランダ)
<得点者>
(ユ)ファブリツィオ・ラヴァネッリ
(ア)ヤリ・リトマネン

【1994-95】
アヤックス(オランダ) 1-0 ミラン(イタリア)
<得点者>
(ア)パトリック・クライファート

【1993-94】
ミラン(イタリア) 4-0 バルセロナ(スペイン)
<得点者>
(ミ)ダニエレ・マッサーロ×2、デヤン・サヴィチェヴィッチ、マルセル・デサイー

【1992-93】
マルセイユ(フランス) 1-0 ミラン(イタリア)
<得点者>
(マ)バジール・ボリ

【1991-92】
バルセロナ(スペイン) 1-0(延長) サンプドリア(イタリア)
<得点者>
(バ)ロナルド・クーマン

【1990-91】
レッドスター・ベオグラード(ユーゴスラヴィア) 0(PK5-3)0 マルセイユ(フランス)

【1989-90】
ミラン(イタリア) 1-0 ベンフィカ(ポルトガル)
<得点者>
(ミ)フランク・ライカールト

【1988-89】
ミラン(イタリア) 4-0 ステアウア・ブカレスト(ルーマニア)
<得点者>
(ミ)ルート・フリット×2、マルコ・ファン・バステン×2

【1987-88】
PSV(オランダ) 0(PK6-5)0 ベンフィカ(ポルトガル)

【1986-87】
ポルト(ポルトガル) 2-1 バイエルン(ドイツ)
<得点者>
(ポ)ラバー・マジェール、フィルホ・ジュアリー
(バ)ルードヴィッヒ・ケーグル

【1985-86】
ステアウア・ブカレスト(ルーマニア) 0(PK2-0)0 バルセロナ(スペイン)

【1984-85】
ユヴェントス(イタリア) 1-0 リヴァプール(イングランド)
<得点者>(ユ)ミシェル・プラティニ

【1983-84】
リヴァプール(イングランド) 1(PK4-2)1 ローマ(イタリア)
<得点者>
(リ)フィル・ニール
(ロ)ロベルト・プルッツォ

【1982-83】
ハンブルガーSV(ドイツ) 1-0 ユヴェントス(イタリア)
<得点者>
(ハ)フェリックス・マガト

【1981-82】
アストン・ヴィラ(イングランド) 1-0 バイエルン(ドイツ)
<得点者>
(ア)ピーター・ウィズ

【1980-81】
リヴァプール(イングランド) 1-0 レアル・マドリード(スペイン)
<得点者>
(リ)アラン・ケネディ

【1979-80】
ノッティンガム・フォレスト(イングランド) 1-0 ハンブルガーSV(ドイツ)
<得点者>
(ノ)ジョン・ロバートソン

【1978-79】
ノッティンガム・フォレスト(イングランド) 1-0 マルメ(スウェーデン)
<得点者>
(ノ)トレバー・フランシス

【1977-78】
リヴァプール(イングランド) 1-0 クラブ・ブルージュ(ベルギー)
<得点者>
(リ)ケニー・ダルグリッシュ

【1976-77】
リヴァプール(イングランド) 3-1 ボルシアMG(ドイツ)
<得点者>
(リ)テリー・マクダーモット、トミー・スミス、フィル・ニール
(ボ)アラン・シモンセン

【1975-76】
バイエルン(ドイツ) 1-0 サンテティエンヌ(フランス)
<得点者>
(バ)フランツ・ロート

【1974-75】
バイエルン(ドイツ) 2-0 リーズ(イングランド)
<得点者>
(バ)フランツ・ロート、ゲルト・ミュラー

【1973-74】
バイエルン(ドイツ) 4-0(引き分け再試合) アトレティコ・マドリード(スペイン)
<得点者>
(バ)ウリ・ヘーネス×2、ゲルト・ミュラー×2

【1972-73】
アヤックス(オランダ) 1-0 ユヴェントス(イタリア)
<得点者>
(ア)ヨニー・レップ

【1971-72】
アヤックス(オランダ) 2-0 インテル(イタリア)
<得点者>
(ア)ヨハン・クライフ×2

【1970-71】
アヤックス(オランダ) 2-0 パナシナイコス(ギリシャ)
<得点者>
(ア)ディック・ファン・ダイク、アリー・ハーン

【1969-70】
フェイエノールト(オランダ) 2-1(延長) セルティック(スコットランド)
<得点者>
(フ)リヌス・イスラエル、オヴェ・カインドヴァル
(セ)トミー・ジェメル

【1968-69】
ミラン(イタリア) 4-1 アヤックス(オランダ)
<得点者>
(ミ)ピエリーノ・プラティ×3、アンジェロ・ベネディクト・ソルマーニ
(ア)ヴェリボル・ヴァソヴィッチ

【1967-68】
マンチェスター・U(イングランド) 4-1(延長) ベンフィカ(ポルトガル)
<得点者>
(マ)ボビー・チャールトン×2、ジョージ・ベスト、ブライアン・キッド
(ベ)ジャイメ・グラサ

【1966-67】
セルティック(スコットランド) 2-1 インテル(イタリア)
<得点者>
(セ)トミー・ゲメル、スティーヴィー・チャルマーズ
(イ)サンドロ・マッツォーラ

【1965-66】
レアル・マドリード(スペイン) 2-1 パルティザン(ユーゴスラヴィア)
<得点者>
(レ)アマンシオ・アマロ、フェルナンド・セレナ
(パ)ヴェリボル・ヴァソヴィッチ

【1964-65】
インテル(イタリア) 1-0 ベンフィカ(ポルトガル)
<得点者>
(イ)ジャイール・ダ・コスタ

【1963-64】
インテル(イタリア) 3-1 レアル・マドリード(スペイン)
<得点者>
(イ)サンドロ・マッツォーラ×2、アウレリオ・ミラーニ 
(レ)フェロ

【1962-63】
ミラン(イタリア) 2-1 ベンフィカ(ポルトガル)
<得点者>
(ミ)ジョゼ・アルタフィーニ×2
(ベ)エウゼビオ

【1961-62】
ベンフィカ(ポルトガル) 5-3 レアル・マドリード(スペイン)
<得点者>
(ベ)ジョゼ・アグアス、ドミシアノ・カヴェン、マリオ・コルナ、エウゼビオ×2
(レ)フェレンツ・プスカシュ×3

【1960-61】
ベンフィカ(ポルトガル) 3-2 バルセロナ(スペイン)
<得点者>
(ベ)ジョゼ・アグアス、オウンゴール、マリオ・コルナ
(バ)シャーンドル・コチシュ、ゾルターン・チボル

【1959-60】
レアル・マドリード(スペイン) 7-3 アイントラハト・フランクフルト(ドイツ)
<得点者>
(レ)アルフレッド・ディ・ステファノ×3、フェレンツ・プスカシュ×4
(フ)リヒャルト・クレス、エルヴィン・シュタイン×2

【1958-59】
レアル・マドリード(スペイン) 2-0 スタッド・ランス(フランス)
<得点者>
(レ)エンリケ・マテオス、アルフレッド・ディステファノ

【1957-58】
レアル・マドリード(スペイン) 3-2(延長) ミラン(イタリア)
<得点者>
(レ)アルフレッド・ディステファノ、エクトル・リアル、フランシスコ・ヘント
(ミ)フアン・スキアフィーノ、エルネスト・グリージョ

【1956-57】
レアル・マドリード(スペイン) 2-0 フィオレンティーナ(イタリア)
<得点者>
(レ)アルフレッド・ディ・ステファノ、フランシスコ・ヘント

【1955-56】
レアル・マドリード(スペイン) 4-3 スタッド・ランス(フランス)
<得点者>
(レ)アルフレッド・ディステファノ、エクトル・リアル×2、マルコス・アロンソ・イマス
(ラ)ミシェル・ルブロン、ジャン・タンプラン、ミシェル・イダルゴ

SOCCER KING

最終更新:9月12日(月)18時33分

SOCCER KING

スポーツナビ サッカー情報

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]