ここから本文です

PK失敗…と思いきや蹴り直し 町田MF中村「ホッとした」

ゲキサカ 9/12(月) 7:27配信

[9.11 J2第31節 町田1-1横浜FC 町田]

 自ら得たPKだった。前半36分、左サイドでエリア内に入ったMF中村祐也は、MF佐藤謙介と交錯して倒れる。「(キッカーは)ある程度は決まっているけど、自分が立候補しました」。しかし相手GKは、経験豊富な南雄太。フェイントを入れて蹴ったが、正面に飛んだボールは足で弾き出されてしまった。

 PK失敗、と思った瞬間、藤田和也主審の笛が鳴った。理由はゴール前に詰めようとした選手が、フェイントによってタイミングを狂わされたために、中村が蹴る前にエリア内に入ったと判定されたものだった。納得のいかない横浜FCの選手たちは猛抗議に出るが、判定は変わらない。蹴り直しのPKを今度は中村が落ち着いてゴール左隅に蹴り込み、FC町田ゼルビアの先制点が決まった。

 1本目を外したことについては「もう少し外に蹴ったつもりだった」と反省した中村。ただ2回目のチャンスをしっかりものにしたことで、「同じ蹴り方するのは難しいので、しっかりミートすることだけを考えて打ちました。正直、ホッとしました」と胸をなでおろした。

 しかしチームは中村の挙げた得点を守り抜くことが出来なかった。「前半に関してはある程度出来たところはあったが、後半の入りで悪かったりした。90分間通してやらないと意味がない。次はそういうところを突き詰めてやっていきたい」。その「次」の相手とは6位にいる京都。PO出場圏内を目指す町田にとっては、当面のターゲットになる。「出来ていないところをしっかり修正して、次の試合に臨みたい」。勝ちなしが7戦に伸びるなど正念場を迎えている町田だが、「次」はしっかりものにしたい。

最終更新:9/12(月) 16:47

ゲキサカ

スポーツナビ サッカー情報

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

E.T.は(多分)いる -- 心して待て
SETIの研究者であるセス・ショスタックは24年以内に地球外生命体を発見できると賭けを申し出ます。そうでなければコーヒーを一杯おごると。何故、発見できるのか。そして、はるかに進んだ社会を発見することによって人類はどう影響を受けるのかについて語ります。