ここから本文です

[MOM399]日本体育大MF高井和馬(4年)_「スーパーなものを持っている」、指揮官期待の10番が意外な?ヘディング弾

ゲキサカ 9月12日(月)13時37分配信

[9.12 関東大学リーグ1部第12節 慶應義塾大2-3日本体育大 保土ヶ谷]

 言葉には力があるのかもしれない。何の気なしに口にしていた「ヘディングで取るわ!」という一言。これが現実のものとなった。日本体育大は二度のビハインドを跳ね返し、慶應義塾大に3-2の逆転勝利。決勝点はMF高井和馬(4年=千葉SCユース)の「小学生のとき以来」というヘディングシュートから生まれた。

 日本体育大で10番を背負う高井だが、今年6月27日に行われたアミノバイタル杯2回戦・専修大戦で左膝を負傷。半月板と前十字靭帯に傷を負った影響で、離脱が続いていた。全体練習に合流したのは総理大臣杯初戦の前日、8月5日。その後、夏の大学日本一決定戦でチームが勝ち進むなか、高井は「体力面はまだまだだった」こともあり、わずかな時間しかピッチに立つことはなかった。日本体育大は準決勝で順天堂大に0-2で敗れ、大会を終えた。

 そして迎えた後期リーグ戦。高井はここへ照準を合わせて調整してきた。この日は常に慶應義塾大に先行される展開だったが「負けていても自分たちのサッカーができれば、勝てるというのが自分たちのなかにはあった」と言う。

 0-1から1点を返し、また突き放されたが追いついた。そして2-2の後半38分、高井にチャンスはやってくる。ダイレクトでつなぎ、左サイドを上がってきたDF高野遼(4年=横浜FMユース)がクロスを入れる。後方へささやかに戻りながら、高井がヘディングシュート。ゴールネットを揺らした。

 殊勲のMFはベンチ前へ一目散に駆け寄ると、“頭で取ったぞ!”と言わんばかりに、しきりに額を指差してアピール。「あの場面はなぜか中にいて、左サイドからの攻撃でいいボールが来ました。ヘディングはあまり得意ではないですけど、上手く入ってくれたので良かったです」と笑顔を弾けさせた。

「ヘディングで取るのは小学生以来ですね。最近ふざけて“ヘディングで取るわ!”って言ってたら決まったので。特に(頭で取ることを)意識も練習もしてなかったんですけど……」と恥ずかしそうに笑ったMFは「とにかく嬉しかったです」と話した。

 故障から戻ってきた高井について、アシストしたDF高野は「自分は去年からあいつに活かされているので。あいつがためを作って、中に蹴り込んでいったり、自分がおとりになったりもできる。和馬が時間を作れるので、自分もあそこまで上がることができる。いてくれるのは大きいです」とその存在の大きさを口にする。

 また日本体育大の鈴木政一監督は「あの高井にしてはやった方でしょう」と厳しさを交えながら決勝弾を労い、「守備にまったく理解がないから。そこがもっと出来るようになれば。スーパーなものを持っているし、プロには一番近い選手になるとは思うんですけど、まだまだでしょう」と叱咤激励した。

 もちろん指揮官からの期待を感じている高井は「監督が来た当初から個人的にも(上を目指せると)言われていた。期待に応えたいです」と静かに誓う。進路は現時点では決まっていないが、ここからの活躍で可能性をさらに広げていく。

 公式戦でのフル出場は約3か月ぶり。チーム最多3本のシュートを打つなど積極的にプレーし続け、値千金の決勝弾を決めたMFは「疲れました」とホッとした表情をみせつつも、「でも楽しかったです」と顔をほころばせていた。

最終更新:9月12日(月)16時49分

ゲキサカ

スポーツナビ サッカー情報

海外サッカー 日本人選手出場試合

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]