ここから本文です

南野、後半30分から出場で2ゴール!! ザルツブルクは4発快勝

ゲキサカ 9月12日(月)14時47分配信

[9.11 オーストリア・ブンデスリーガ第7節 アドミラ・バッカー 4-0 ザルツブルク]

 オーストリア・ブンデスリーガは11日、第7節を行った。MF南野拓実が所属するザルツブルクはアドミラ・バッカーのホームに乗り込み、4-0の完封勝利を収めた。ベンチスタートとなった南野は後半30分から出場して2ゴールを奪った。

 前半9分にFKの流れからFWジョナタン・ソリアーノがゴールを陥れて先制に成功したザルツブルクは、1-0のまま迎えた後半8分にCKをDFパウロ・ミランダがヘディングシュートで叩き込んでリードを2点差に広げる。

 すると、後半30分にMFバロン・ベリシャに代えて南野を投入。リーグ戦2試合ぶりの出場を果たした南野は同40分、PA左でこぼれ球を拾うと相手選手2人に囲まれながらも、鋭いステップでシュートコースを生み出すと左足シュートを突き刺してチーム3点目を記録。

 さらに同43分、スルーパスから最終ラインの裏に抜け出した南野は、相手GKの動きを冷静に見極めてネットを揺らし、自身2点目、チーム4点目を奪った。その後もアドミラ・バッカーの反撃を許さなかったザルツブルクが4-0の完封勝利を収めた。

最終更新:9月12日(月)14時47分

ゲキサカ

スポーツナビ サッカー情報

海外サッカー 日本人選手出場試合

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。