ここから本文です

「入った段階で確信していた」 横浜FC小野瀬が途中出場6分で同点弾

ゲキサカ 9/12(月) 19:22配信

[9.11 J2第31節 町田1-1横浜FC 町田]

 1点ビハインドの横浜FCは後半30分、MF佐藤謙介からの浮き球パスでMF小野瀬康介が裏を取る。直前の同24分に投入されたフレッシュな23歳MFは、競っていたDF松本怜大を弾き飛ばしてフリーになると、GKとの1対1をループシュートでかわす。「最後は珍しく冷静になれた。涼しかったからですかね」とおどけてみせた。

 狙い続けていた形だった。「スカウティングで言われていた」(小野瀬)と明かすように、サイド攻撃、そして裏を突く狙いを繰り返して、町田の守備網に穴をあける。「攻撃のところで今日はリズムが出ていなかった」とMF野崎陽介を下げて小野瀬と交代する中田仁司監督の采配も的中。小野瀬は「入った段階で確信していた。チームとして取った点なのかなと思う」と胸を張った。

 しかしチームとして最低限の結果は得たものの、プレーオフ圏内を目指す上では、やはり勝ち点3を積み上げていく必要がある。そのためには選手たちの更なる奮起が必要になる。

 途中出場で結果を出したことについて小野瀬は「スタメンで出れる準備はいつもしているけど、今は僕以外のノム(野村直輝)とかザキさん(野崎)がいいので。2人にSBを疲れさせてもらって、後半またいいところを狙おうかな」とニヤリ。前半のポスト直撃シュートを「入ったと思った。外れんのかい!って」と苦笑いで振り返った野崎も、「いい流れだと思う。それに負けないように頑張ります」と気合を入れ直した。ポジション争いの激化が、上昇気流を作る大きな原動力になりそうだ。

最終更新:9/12(月) 19:23

ゲキサカ

スポーツナビ サッカー情報

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

E.T.は(多分)いる -- 心して待て
SETIの研究者であるセス・ショスタックは24年以内に地球外生命体を発見できると賭けを申し出ます。そうでなければコーヒーを一杯おごると。何故、発見できるのか。そして、はるかに進んだ社会を発見することによって人類はどう影響を受けるのかについて語ります。