ここから本文です

18歳よ、焦るな…イブラがラッシュフォードの能力に太鼓判

ゲキサカ 9月12日(月)19時31分配信

 マンチェスター・ユナイテッドFWズラタン・イブラヒモビッチは、チームメイトのFWマーカス・ラッシュフォードが世界有数の選手になれると太鼓判を押した。

 1997年10月31日生まれで18歳のラッシュフォードは今年2月25日に行われたヨーロッパリーグ(EL)決勝トーナメント1回戦ミッティラン戦第2戦でトップチームデビューを果たすと、いきなり2ゴールを挙げる衝撃のデビューを飾った。

 その後もプレミアデビュー戦で2ゴール1アシストを記録し、イングランド代表デビュー戦でもゴールを陥れると、今月6日のU-21イングランド代表デビュー戦でハットトリックを達成と特大のインパクトを残している。

 今季はマンチェスター・Uでベンチスタートが続いているものの、イブラヒモビッチはラッシュフォードが活躍するのは時間の問題と考えているようだ。

 英『スカイ・スポーツ』によると、イブラヒモビッチは「彼は18歳でまだ若く、多くの時間があるよ。今日からいきなり世界最高の選手になる必要はないし、クラブ側もそう考えている。急ぐ必要はないし、一歩ずつすべてを乗り越えていけばいい」と出場機会が限られても焦る必要はないと話した。

「世界中が彼に注目しているけど、俺たちは毎日見ているわけだから、彼の能力についてよく知っているのは当然だ。彼のクオリティーや能力に疑いの余地はないね」

最終更新:9月12日(月)19時31分

ゲキサカ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。