ここから本文です

メルセデスGクラス改良版、スクープされる

carview! 9/12(月) 14:45配信

メルセデス・ベンツの最長寿モデル「Gクラス」の改良モデルが開発テスト中にスクープされた。1979年に登場した本格オフローダーは、今後もつくり続けられることになりそうだ。

【動画付きで見る】

メルセデス・ベンツGクラスは、他のメルセデスモデルとは一線を画す存在感を放っている。ひとつには、生産がメルセデス工場ではなく、オーストリアのマグナシュタイヤーで行われていること。同社はほかにもメルセデスの4WDシステム「4マチック」の開発や、BMW X3の生産などヘビーデューティな車両を中心に生産を行っているマグナシュタイヤーは、自動車メーカーから依頼を受けて車両の開発・製造を行うが、自社では自動車ブランドを展開していない。

Gクラスがもうひとつユニークなのは、1979年のデビュー以来、一度もフルモデルチェンジを行っていない点だ。一時は2006年に登場した「GLクラス」に取って代わるという話もあったが、同年に北米でGクラスがトライアル的に発売され、好評をもって迎えられたことなどからGクラスとGLクラスは併売が続き、以後もそれぞれ進化している状況だ。

さて、今回スクープされた車両は、改良の内容まではわからないが、スタイリングを見る限り、現行モデルの雰囲気を保ちながら進化している模様だ。

今回、改良版がスクープされたということは、開発が継続されているということであり、しばらくは生産が打ち切りになることはなさそうだ。いつかはGクラスをと思っているユーザーには朗報といえるだろう。

株式会社カービュー

最終更新:9/12(月) 14:45

carview!

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。