ここから本文です

メルセデスGクラス改良版、スクープされる

carview! 9月12日(月)14時45分配信

メルセデス・ベンツの最長寿モデル「Gクラス」の改良モデルが開発テスト中にスクープされた。1979年に登場した本格オフローダーは、今後もつくり続けられることになりそうだ。

【動画付きで見る】

メルセデス・ベンツGクラスは、他のメルセデスモデルとは一線を画す存在感を放っている。ひとつには、生産がメルセデス工場ではなく、オーストリアのマグナシュタイヤーで行われていること。同社はほかにもメルセデスの4WDシステム「4マチック」の開発や、BMW X3の生産などヘビーデューティな車両を中心に生産を行っているマグナシュタイヤーは、自動車メーカーから依頼を受けて車両の開発・製造を行うが、自社では自動車ブランドを展開していない。

Gクラスがもうひとつユニークなのは、1979年のデビュー以来、一度もフルモデルチェンジを行っていない点だ。一時は2006年に登場した「GLクラス」に取って代わるという話もあったが、同年に北米でGクラスがトライアル的に発売され、好評をもって迎えられたことなどからGクラスとGLクラスは併売が続き、以後もそれぞれ進化している状況だ。

さて、今回スクープされた車両は、改良の内容まではわからないが、スタイリングを見る限り、現行モデルの雰囲気を保ちながら進化している模様だ。

今回、改良版がスクープされたということは、開発が継続されているということであり、しばらくは生産が打ち切りになることはなさそうだ。いつかはGクラスをと思っているユーザーには朗報といえるだろう。

株式会社カービュー

最終更新:9月12日(月)14時45分

carview!

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]