ここから本文です

2017年の世界の広告市場は5704億ドルに、デジタルが成長をけん引--Carat予測

CNET Japan 9月12日(月)16時25分配信

 電通の海外子会社であるCaratは9月8日、全世界59地域から収集したデータをもとに算出した世界の広告費成長率予測を発表した。

 2016年3月に予測した、2016年および2017年の広告費成長率予測を改定。全世界59地域のトータルおよび、主要な地域と国に関する推計値を算出した。対象媒体は、テレビ、新聞、雑誌、ラジオ、映画館広告(シネアド)、屋外/交通広告、デジタルの7種類。

 2016年の世界の広告市場の成長率は、前回予測から0.1ポイント減の前年比4.4%増の5482億ドルと予測しており、2015年実績から230億ドル増加。構成比では、テレビ広告費が最大シェアを維持し、全広告費の41.1%を占める。一方、デジタル広告は、前年比で15.6%増の成長を見込み、構成比は27.7%と予測している。

 地域別にみると、北米は前回予測から微増し5.0%増、西ヨーロッパは英国がEU離脱の影響で前回予測から0.8ポイント減となり、同地域全体では前回予測よりも0.2ポイント低い2.9%増。また、中央および、東ヨーロッパではV字型の経済回復が続いており、前回予測の2.2%増から4.7%増へと大幅に上方修正している。

 アジアパシフィックは、マイナス成長が予測される香港、台湾、タイなどの影響もあり、前回予測を0.5ポイント下回る3.9%増と予測。また、ラテンアメリカもブラジルの景気回復の遅れもあり、前回予測の10.5%増から0.5ポイントダウンの10.0%増を見込んでいる。

2017年の世界の広告市場は5704億ドルと予測--デジタル広告が成長をけん引

 2017年の世界の広告市場は、2016年3月予測の4.5%増から0.5ポイント下方修正した4.0%増と予測しており、広告費も、2016年対比で222億ドル増の5704億ドルに達するとみている。この増加見込み額の9割に相当する201億ドルが、デジタル広告費の増加によってもたらされるとしている。

 媒体別では、引き続きテレビ広告費が最大のシェアを占め、2017年には構成比が40.3%になると予測。一方、モバイルやオンラインビデオ、SNSの広告費の増加に見られるデジタルシフトの加速により、デジタル広告費の構成比は30.2%に達するとみられる。

 地域別内訳のうち、北米をみると、世界第1位の広告市場である米国は、大統領選やリオデジャネイロオリンピック、同パラリンピックによるキャンペーン効果に支えられ、2016年は5.0%増(前回予測は4.7%増)の2048億ドル(世界の広告費の37.4%に相当)になると予測。大型イベントがない2017年でもデジタル広告がけん引し、3.8%増の安定した成長が見込まれる。

最終更新:9月12日(月)16時25分

CNET Japan

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]