ここから本文です

「Sleipnir」ブラウザのフェンリル、アプリ開発で500本の実績

CNET Japan 9月12日(月)11時0分配信

 ウェブブラウザ「Sleipnir(スレイプニール)」で知られるフェンリル。実は同社はアプリ開発でも高い実績を持つ。9月12日、同社はアプリ開発本数が500本を超えたことを発表した。取引企業数は300社におよぶという。

 フェンリルは、日本にiPhoneが上陸した2008年にiPhoneアプリ開発事業に参入。2009年1月には同社初の共同開発アプリを発表し、App Storeで1位を獲得した。その後も、デザイン力の高さを強みに、大手企業などと数多くのアプリを共同開発してきたという。

 同社では、アプリの見た目の美しさだけでなく、ユーザーの利用シーンに即した機能性や、気持ちの良い画面遷移などにこだわっているそうだ。企画段階からデザイナーが中心となりクライアントとともにアプリの内容を検討。エンジニアの実装段階では、実際に使いながらピクセル単位で表示位置を調整したり、ミリ秒単位でアニメーションを調整したりしているという。

 これまでに、エポスカード会員向けの公式アプリや、大成建設の現場監督や作業員向けの業務アプリ「Field Pad」、ドワンゴの音楽再生に特化したニコニコ動画プレイヤー「NicoBoX」、カシオ計算機のAndroid Wear「Smart Outdoor Watch WSD-F10」向けツールアプリ、三菱電機の気になるスポット情報を指定のカーナビに表示できる「スマホDEメモ」、インテリジェンスの転職・求人情報アプリ「meeta」、東京ガスのガス復帰操作などをすばやく確認できる「ガスメータ復帰」、IIJのワンタイムパスワードを生成・表示するアプリ「IIJ SmartKey」などを開発しているという。

最終更新:9月12日(月)11時14分

CNET Japan

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]