ここから本文です

ゴールドマンの元パートナーのヘッジファンド、1年未満で資産半減

Bloomberg 9月12日(月)10時23分配信

ゴールドマン・サックス・グループの元パートナー、リチャード・ペリー氏が運営するヘッジファンドのペリー・キャピタルは、1年未満で資産を半分以下に減らした。運用成績は2014年以降マイナスとなっている。

同社の資産は昨年9月には100億ドル(約1兆260億円)だったが、今年8月末時点では40億ドルだったと、事情に詳しい人物が明らかにした。投資文書によると、ニューヨークに本社があるペリーの運用成績は14年初めから今年7月末まででマイナス18.4%。今年1-7月はマイナス2.6%、15年はマイナス12.6%だった。

ペリー・キャピタルにコメントを求めた電話や電子メールに対し、同社法務顧問のマイケル・ニュース氏は返答しなかった。

合併・買収(M&A)など企業イベントに賭けるイベントドリブン型ファンドのペリー・キャピタル以外にも、ヘッジファンド業界ではチューダー・インベストメントやブレバン・ハワード・アセット・マネジメントも含め、資産家による投資引き揚げに見舞われるファンドが相次いでいる。

Hema Parmar, Saijel Kishan

最終更新:9月12日(月)10時23分

Bloomberg