ここから本文です

市場急変のタイミングで新たな不安材料浮上-クリントン氏の健康問題

Bloomberg 9月12日(月)10時57分配信

株式・債券市場での過去3カ月で最悪の売り浴びせによって損失を被った投資家に、さらなるストレスが加わった。米大統領選の民主党候補ヒラリー・クリントン前国務長官の健康不安の再燃だ。

クリントン氏(68)は世論調査の支持率で共和党候補のドナルド・トランプ氏(70)を若干リードし、そのことが米政策の破綻などを恐れるトレーダーらの懸念を和らげてきた。しかしニューヨークで11日に開かれた同時多発テロの追悼式典でクリントン氏は体調不良を訴え退席。担当医師によれば、クリントン氏は肺炎にかかっており、式典中に暑さで体調を崩し脱水症状を起こした。クリントン氏は抗生物質を処方され、日程を調整して休息を取るよう助言を受けた。

市場は世界の成長鈍化や政治などの問題をこなし、過去2カ月間順調に推移してきたが、既にボラティリティ(変動性)が再び高まりつつある。S&P500種株価指数は9日、前日比2.5%下落し、時価総額にして約5000億ドル(約51兆円)が吹き飛んだ。投資家やアナリストはクリントン氏の健康状態に関する臆測を控えたものの、クリントン氏が大統領選で勝利するという予測が市場の安定に寄与してきたと指摘。今後、クリントン氏の健康問題は一層注目されるとの見方を示した。

RBCキャピタル・マーケッツのマネジングディレクターで、米市場担当チーフストラテジストを務めるジョナサン・ゴラブ氏は電話インタビューでクリントン氏について、「健康状態に何か重大な問題があると分かればもちろん大変な事だが、短期的な材料からの推測には極めて慎重でなければならない」と指摘。選挙キャンペーンについて、「確かなのは、2人の候補とも70歳前後であり、2年間にわたり走り回るのは過酷であるに違いないということだ」と説明した。

9日の世界各地の市場では、各国・地域の中央銀行が追加刺激を講じる意欲を失いつつあるとの見方が広がり、S&P500種や世界の株価、新興市場資産は2%以上値下がりし、英国の欧州連合(EU)離脱が決まった英国民投票以来の大幅な下げとなった。米10年債の利回りは6月以来の高水準となり、ドルは週間ベースの下げをほぼ戻した。

ジョーンズトレーディング・インスティテューショナル・サービシズのグローバル市場ストラテジスト、ユーセフ・アッバシ氏は「クリントン氏が現在、現政権の後継と想定される中、有権者が誰に投票するかを決める上でクリントン氏の健康問題の比重が高まった場合、市場は政権交代のリスク・報酬の見直しを迫られる可能性がある」と分析。「きょうの出来事も今後さらに注目を集めるのは確かだ」と指摘した。

原題:Clinton Health Another Landmine for Suddenly Vulnerable Markets(抜粋)

Oliver Renick, Joseph Ciolli

最終更新:9月12日(月)10時57分

Bloomberg