ここから本文です

中国共産党:習主席の元部下、天津市トップを調査-中央規律検査委

Bloomberg 9月12日(月)11時28分配信

中国共産党は10日、天津市トップの黄興国・市党委員会代理書記兼市長を「重大な規律違反」の疑いで調査しているとの声明を発表した。習近平国家主席の元部下である黄氏に対する調査は、1年余り続いている。

党中央規律検査委員会の声明は詳細には触れていない。天津市では昨年8月、少なくとも165人が死亡する化学物質の保管施設での爆発事故が発生した。黄氏は2003年に天津に異動する前、浙江省で30年余りを過ごし、習氏の下で働いた経歴がある。

原題:Mayor’s Discipline Probe Shakes Up China’s Political Chessboard

Ting Shi

最終更新:9月12日(月)11時28分

Bloomberg