ここから本文です

ドイツ銀CEO、資産運用事業は「不可欠の部分」-行員へ書簡

Bloomberg 9月12日(月)16時19分配信

ドイツ銀行のジョン・クライアン最高経営責任者(CEO)は12日、資産運用事業が同行のビジネスモデルの「不可欠な部分」であり続けると表明、資本強化のために同部門の売却を検討しているとの報道を否定した。

同CEOは行員への書簡で、「合併や売却計画についての臆測に惑わされないようにしてほしい」と訴え、「ドイチェ・アセット・マネジメントは当行のビジネスモデルにとって今も将来も不可欠の部分だということをあいまいさの余地なく明確にして、うわさを払拭(ふっしょく)したい」と強調した。

法的問題に絡むコストとリストラ費用が収益と資本を圧迫する中、クライアンCEOは投資家の信頼回復を図っている。先月は国内同業のコメルツ銀行との合併を検討しているという報道を否定しなければならなかった。株価は今年に入り41%下落している。

この日の行員向け文書では「長引く低金利と増大し続ける規制の要件で、事業環境は厳しい」とし、同行が「まだ目指す地点に到達していない。無駄にする時間はない」と戒めた。

マルクス・シェンク最高財務責任者(CFO)はドイツ銀が下期に大きな訴訟関連費用に直面するだろうとしている。米住宅ローン担保証券販売をめぐる調査が決着に近いと独誌マネジャー・マガツィーンが9日報じた。

クライアンCEOは12日の文書で「自ら解決すべき問題が十分にあり、当面はこれに集中する」と説明した。

原題:Deutsche Bank CEO Says Asset Management Is ‘Essential Part’ (1)(抜粋)

第3段落以下を追加します.

Elisa Martinuzzi

最終更新:9月12日(月)17時20分

Bloomberg

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

地球外生命を宿しているかもしれない1つの惑星と3つの衛星
地球外にも生命はいるのでしょうか?NASA(アメリカ航空宇宙局)の惑星科学部門の部門長であるジェームズ・グリーンと一緒に、地球外生命を宿していそうな場所を太陽系内の中で探してみましょう。 [new]