ここから本文です

債券売りが株にも波及、中銀政策めぐる懸念の高まりで-円上昇

Bloomberg 9月12日(月)20時35分配信

長期債から始まった債券売りが株を含め金融市場全体に波及しつつある。12日の欧州株とアジア株は英国の欧州連合(EU)離脱選択後以来の大幅安。米株先物も下げている。世界の中央銀行が景気刺激策を引き揚げる準備をしているとの懸念が背景にある。

この日の米国債は4営業日続落。ドイツ10年債利回りも英EU離脱選択が判明して以来の高水準に達した。原油は1バレル=45ドルに向かって下落し、円は上昇した。

先週はボストン連銀のローゼングレン総裁が、景気が過熱する可能性に言及。欧州中央銀行(ECB)のドラギ総裁は追加緩和の観測に水を差し、イングランド銀行(英中銀)のカーニー総裁はリセッション(景気後退)のリスクが後退したと述べた。日本銀行の20、21日の会合を控えトレーダーらは中銀政策に神経質になっている。

ニューヨーク時間午前6時54分現在、MSCIオールカントリー・ワールド指数は0.8%安。ストックス欧州600指数は1.7%安。MSCI新興市場指数は2.6%安と6月24日以来の大幅安。

ドイツ10年債利回りは3ベーシスポイント(bp、1bp=0.01%)上昇し0.04%。一時は6月24日以来の高水準となった。米10年債利回りは2bp上昇の1.69%。日本は10年未満の国債が上昇し長期債は下落。ロイター通信は9日、日銀がイールドカーブスティープ化の選択肢を検討していると報じた。

円は対ドルで0.6%高。

原題:Global Selloff Threatens to Spiral as Central Banks Angst Builds(抜粋)

Lukanyo Mnyanda, James Regan

最終更新:9月12日(月)20時35分

Bloomberg

豊洲へなぜ市場移転 経緯と課題

築地から市場が移転される豊洲で、都が土壌汚染対策をしていなかったことが発覚。そもそもなぜ豊洲に移転するのか、経緯と課題を知る。