ここから本文です

中島 孝主催〈Alvesta #3〉にgolf、macicoの出演が決定

CDジャーナル 9月13日(火)16時26分配信

 1980~90年代における広義のポップスを内包するメランコリックなサウンドをモダンなプロダクションでビルドアップし、フロントラインとリンクする時代性と普遍的なエモーションを併せ持つ楽曲群で注目を浴びるシンガー・ソングライター中島 孝が11月11日(金)、東京・渋谷 TSUTAYA O-nestにて自主企画イベント第3弾〈Alvesta #3〉を開催します。

 中島 孝のほか、HAKASE-SUN(フィッシュマンズ, LITTLE TEMPO)、SILENT POETSの出演も発表されている同イベントに、molmolやaus(flau)、Note Factory(JUN from 80KIDZ)によるリミックストラックを含むミニ・アルバム『Display』が好評のエレクトリック・トリオ“golf”、8月に最新シングル「Wake Me Up!! / FLOVER」をリリースしたばかりの小林斗夢とアヤによるアコースティック・デュオ“macico”も出演決定。

 なお中島 孝は、Hi-Fi Cityとのバンドセットで10月27日(木)熊本・NAVAROにてワンマン・ライヴ、翌28日(金)には佐賀・
松原 RAG-Gにて韻シストとの2マン・ライヴも開催。詳しくはオフィシャル・サイト(nakashimakoh.strikingly.com)にてご確認ください。

最終更新:9月13日(火)16時26分

CDジャーナル

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。