ここから本文です

映画『世界一キライなあなたに』は相手の心が読める映画!? 映画ソムリエが一生忘れない恋愛映画を紹介

cinemacafe.net 9月13日(火)11時15分配信

映画『世界一キライなあなたに』トークイベントが9月12日、都内で開催され、映画ソムリエの東紗友美が本作の感想や見どころなどを語った。

【画像】イベントの様子

本作は、イギリスの田舎町を舞台に紡ぐ、涙のあとに元気をくれる感動のラブストーリー。26歳にして失業し、将来の展望が見えなくなったルー(エミリア・クラーク)と、不慮の事故で車いす生活を余儀なくされ、生きる希望を失った超ハンサムな大富豪ウィル(サム・クラフリン)。そんな2人が出会い、恋に落ちるも、彼の決めた“生きる時間”はわずか6か月だった…。

東は本作について「素晴らしくて号泣しました」と切り出すと、「女性が男性を支える映画はたくさんあるけど、恋愛と人生を一緒にしていない点がほかの映画とは違う」と作品の特徴を説明。「相手によって自分の価値観が変わったり、価値観が広がるという恋愛の素晴らしさを描きながら、恋愛は人生のすべてではないということを描いていたり、自分自身で生きていくところにフューチャリングしていることはほかの映画と全然違う」と熱弁した。

出演者にも注目すると、「(エミリア演じる)ルーの笑顔が最初から最後までものすごくカワイイ」と絶賛。エミリアは「世界で最も美しい顔2012」で1位に輝いた美貌の持ち主で、「日本でちょっとずつブレイクしていて、これから日本で知らない人はいない役者に成長すると思います」と紹介。また、『ハリー・ポッター』シリーズでネビル・ロングボトム役を好演し、本作ではルーの彼氏でスポーツオタクのパトリックを演じたマシュー・ルイスに関しては、「ハリポタを卒業したキャストの中で一番イケメンになっていると話題で、最近はゲイの雑誌で表紙をやって、ムキムキの体をウリにしている」とプチ情報を交えつつ、「ちょっとウザいですよね、あんな彼氏。最初、(マシューと)わからなくて…」と役にドはまりしたマシューの手腕を称えた。

「恋愛映画はしばらくすると忘れちゃうものが多いですけど、この映画は観たら2度と忘れないと思います」とまで言って称賛する東は、最後に「尊厳死や安楽死といった重いテーマを扱っていながらも、2人の恋愛映画として楽しめる作品になっています」とアピールすると、「観終わった後に感想を話し合うことで、相手の価値観が良くわかる映画なので、何を考えているか知りたい相手と一緒に観ていただきたいです」と笑顔で呼びかけた。

『世界一キライなあなたに』は10月1日(土)より新宿バルト9、梅田ブルク7ほか全国にて公開。

最終更新:9月13日(火)11時15分

cinemacafe.net

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。