ここから本文です

「疲れてもがんばれ!小中学生」 大正製薬、「リポビタンJr.」コピー見直し検討

J-CASTニュース 9月13日(火)7時30分配信

 「ファイト一発!」のキャッチコピーでおなじみの栄養ドリンク剤「リポビタンD」には、子供向けのシリーズ製品があることをご存知だろうか。インターネット上では、その1つである「リポビタンJr.」がにわかに注目を集めている。

 製品自体は15年以上前からあるのだが、現在販売中の製品パッケージに印刷されている「疲れてもがんばれ!小中学生(8~14才)」との宣伝コピーも相まって話題を呼んでいるのだ。

■「子供は疲れたら寝ればいい」「いまの日本を一言で表してる」

 きっかけは、あるツイッターユーザーが3本セットの写真を投稿したことだった。

 パッケージには冒頭で紹介した宣伝コピーが赤字で印刷されており、その横には少年のイラストがある。少年はノートを広げて勉強中のようだが、眉や口をゆがませた表情は何とも辛そうだ。おそらく疲れているのだろう。「疲れてもがんばれ!」のコピーは、そんな少年を鼓舞しているように見える。

 同ツイッターユーザーは2016年9月7日、「やっぱり日本って病んでると思うんすよ。なんでこうなった!? 」として写真を投稿。リツイート回数は2万回以上にのぼり(12日時点)、さまざまな意見が寄せられることとなった。

 「リポビタンJr.」は2000年から販売されている医薬品ミニドリンク剤。滋養強壮に効果的な2種の生薬「五味子(ゴミシ)」「刺五加(シゴカ)」や、栄養成分のカルシウム・マグネシウム・タウリンなどを配合しており、子供でも飲みやすいミックスベリー風味に仕上げている。ほかに子供用として、5~14歳を対象にした「リポビタンDキッズ」もラインアップされている。

 だが、そもそも製品について知らなかった人も多かったようで、「リポビタンJr.なんてあるの!」といった驚きが上がった。中には「今はリポビタンJr.とかあるのか、羨ましい」「あたしが小学生なら買ってたかも」と昔を振り返りながら、いまの現役小中学生を羨む声もみられた。

 ただ、ツイート主のように違和感を口にする人も目立ち、特にコピーに対しては、

  「子供は疲れたら寝ればいいんだよ」
  「『疲れてもがんばれ!』が、いまの日本を一言で表してるよな...」
  「疲れたら休ませてやれよ。てか疲れる前に適度に休ませてやれ」

と疑問や違和感を示すコメントが相次いだ。

1/2ページ

最終更新:9月13日(火)7時30分

J-CASTニュース

いかにして巨大イカを見つけたか
人類は水中撮影を始めたときから巨大イカ(ダイオウイカ)を探し求めてきました。しかしその深海の怪物を見つけることは難しく、今まで撮影に成功したことはありませんでした。海洋学者であり発明家でもあるエディス・ウィダーは、ダイオウイカの初の撮影を可能にした知見とチームワークについて語ります。