ここから本文です

【巨人】亀井、「サブロー流」つなぎの2番への変貌誓う

スポーツ報知 9月14日(水)6時4分配信

 巨人の亀井善行外野手(34)が13日、サブロー流のつなぎの2番への変貌を誓った。11年にチームメートで師と仰ぐロッテ・サブローが今季限りで現役を引退する。「『つなぎの4番』と言われているし、そういう仕事をしてきた人。大きいのは打てなくても、つなぐ意識をあの人なりに自分で確立した。どの打順でもそれは一緒だと思う」。8日の阪神戦(甲子園)から4試合連続で2番に座るベテランは、つなぎの打撃でチームを勝利に導く決意だ。

 サブローは05、10年に主軸としてロッテを日本一に導いた。4番に座りながら、状況に応じてチーム打撃に徹して打線を文字通り「線」にしてきた。下克上日本一へ、ピッタリなお手本と言える。亀井は「(3番の)勇人、(4番の)阿部さんにしっかりつないでいきたいと思う」と言い切った。

 この日は14日の中日戦(ナゴヤD)に向けて、新幹線で名古屋入り。3試合連続マルチ安打中と状態は上向いている。「しっかりと自分の打撃をしていきたい」と決意表明した。(中村 大悟)

最終更新:9月14日(水)6時8分

スポーツ報知

スポーツナビ 野球情報

MLB 日本人選手出場試合10月1日(土)