ここから本文です

政権時代の総括、重い課題 結束を重視/おわび前面 民進代表選

朝日新聞デジタル 9月13日(火)5時30分配信 (有料記事)

 投票日まであと2日と迫った民進党代表選で、3年3カ月の民主党政権をどう総括し、再生に生かすかという重い課題が論戦の焦点になっている。有権者の根強い不信を取り除くためには、何が必要なのか。全国10カ所での公開討論会を終え、見えてきたのは課題克服の難しさだ。

 代表選候補者による遊説最終日となった11日。さいたま市の集会で、蓮舫氏は民主党政権時代の失敗をこう総括した。
 「最も信頼を失ったのはバラバラだから。決まったことと外で違うことを言う人がいたから最悪だ」
 自身に近い野田佳彦氏が首相を務めた時期に、消費増税をめぐって激しい党内対立の末、党が分裂した経緯が念頭にあるのは明らかだ。……本文:2,076文字 この記事の続きをお読みいただくには、朝日新聞デジタルselect on Yahoo!ニュースの購入が必要です。

  • 通常価格:
    390円/月(初月無料)
  • 会員価格会員価格:
    324円/月(初月無料)

サービスの概要を必ずお読みいただき、同意の上、ご購入ください。

Yahoo!プレミアム会員登録はこちら(月額498円)

朝日新聞社

最終更新:9月13日(火)5時30分

朝日新聞デジタル

いかにして巨大イカを見つけたか
人類は水中撮影を始めたときから巨大イカ(ダイオウイカ)を探し求めてきました。しかしその深海の怪物を見つけることは難しく、今まで撮影に成功したことはありませんでした。海洋学者であり発明家でもあるエディス・ウィダーは、ダイオウイカの初の撮影を可能にした知見とチームワークについて語ります。