ここから本文です

大韓航空、日本路線増便 冬ダイヤ、ソウル-岡山1日1往復に

Aviation Wire 9月13日(火)10時58分配信

 大韓航空(KAL/KE)は10月30日から始まる冬ダイヤで、ソウル(仁川)-岡山線など日本5路線を増便し、運休中の大分線を2017年1月から2月まで再開する。また、東南アジア路線なども増便する。

 増便するのは岡山のほか関西、福岡のソウル発3路線と、済州-関西、釜山-札幌線の5路線。岡山便は現在の週5往復から1日1往復に、1日3往復ずつ運航している関空と福岡の各便は、それぞれ1日4往復に増便する。

 済州-関西線は週3往復から週4往復に、釜山-札幌線は週3往復から週5往復に増便し、2017年1月2日からは1日1往復を運航する。

 ソウル-大分線は1月1日から2月26日まで、週3往復で再開する。

 日本路線以外のソウル発着便では、デリー便を現地時間12月1日から週5往復で開始(関連記事)。シェムリアップ便は週4往復から1日1往復に、カトマンズ便を週2往復から週3往復に、週4往復を運航するラスベガス便を、12月10日から週5往復に増便する。1日3往復を運航しているバンコク便は、12月21日から3月1日までの期間限定で1日4往復に増便する。

Tadayuki YOSHIKAWA

最終更新:9月13日(火)10時58分

Aviation Wire

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

地球外生命を宿しているかもしれない1つの惑星と3つの衛星
地球外にも生命はいるのでしょうか?NASA(アメリカ航空宇宙局)の惑星科学部門の部門長であるジェームズ・グリーンと一緒に、地球外生命を宿していそうな場所を太陽系内の中で探してみましょう。 [new]