ここから本文です

ボラリス、A320neo初号機受領 186席仕様、米大陸2社目

Aviation Wire 9月13日(火)12時16分配信

 エアバスは現地時間9月12日、メキシコLCCのボラリス(VOI/Y4)に同社向け初号機となるA320neoを引き渡したと発表した。米大陸での導入は、南米のラタム航空に続き2社目となる。

 ボラリスのA320neoには、米プラット・アンド・ホイットニー(PW)製GTFエンジン「PW1100G-JM」を搭載。初号機はオランダの航空機リース会社、エアキャップからのリースで導入する。

 また同機には、機体後部のラバトリー(化粧室)やギャレー(厨房設備)を効率良い新レイアウトで配置する「スペース・フレックス」を導入。座席数は従来より6席多い1クラス186席とした。

 スペース・フレックスはA320従来型(A320ceo)から導入しているもので、同じ機体で1列6席を増やすか、シートピッチを7インチ(17.78センチ)広げることができる。

 A320neoは、LCCなどに人気の小型機A320の派生型で、燃費を向上した新型エンジンを搭載。PW1100G-JMのほか、CFMインターナショナル製新型エンジン「LEAP-1A」を選択できる。メーカー標準座席数が1クラス156席のA319neoと、180席のA320neo、236席のA321neoの3機種で構成する。

 A320neoの導入は7社目。PW1100Gを搭載した初号機(登録番号D-AINA)は、今年1月20日にルフトハンザ ドイツ航空(DLH/LH)へ引き渡された。当初はカタール航空(QTR/QR)へ2015年末に納入予定だったが、PW1100Gの性能上の問題により延期され、ルフトハンザが初納入となった。PW1100Gの問題は今秋にも解消する見通し。

 3月にはインドのインディゴ(IGO/6E)に、6月にはインドのゴーエア(GOW/G8)に、8月にはラタム航空に、それぞれPW1100G-JM搭載機を納入。LEAP-1A搭載機は7月にトルコLCCのペガサス航空(PGT/PC)に、9月にはエアアジア(AXM/AK)に引き渡した。

 ボラリス向け初号機のA320neoは、18機目の引き渡しとなる。内訳はインディゴに6機、ルフトハンザに4機、ペガサス航空に3機、ゴーエアに2機、ラタム航空とエアアジアに1機ずつ。

 同社は2006年3月、トルーカ-ティファナ線で運航を開始。現在はメキシコ国内のほか、プエルトリコを含む米国やグアテマラ、コスタリカなど周辺国への近距離国際線を運航している。

 ボラリスの運航機材はすべてエアバス機で、計64機。8月末現在、A319ceoを18機、A320ceoを42機、A321ceoを4機運航している。A320neoは30機発注済みで、A320ceoの注残は2機となっている。

Yusuke KOHASE

最終更新:9月13日(火)12時16分

Aviation Wire