ここから本文です

【WEC】中嶋一貴「コース序盤は非常に高速でリズムが大事」

TopNews 9月13日(火)7時18分配信

TOYOTA GAZOO Racingは、北米大陸で行われるFIA世界耐久選手権(WEC)2戦目となる第6戦サーキット・オブ・ジ・アメリカズ(COTA)6時間レースに臨む。

●【WEC】小林可夢偉「F1で経験済みのコース、違いが興味深い」

■中嶋一貴 (TS050 HYBRID #5号車)

「COTAは走っていて本当に楽しいコースです。コース序盤は非常に高速で、良いリズムでコーナーを抜けて行かなくてはなりません。ここでのレースはとても暑く、私は昨年初めてそれを経験しました。車両には追加のエアーダクトが準備されますが、それでも暑く、ドライバーは万全な体調でレースの週末に臨まなくてはなりません。再びオースティンでレースを戦うのを楽しみにしており、好結果で終えられることを期待しています」

■アンソニー・デビッドソン (TS050 HYBRID #5号車)

COTAは素晴らしいコースで本当にチャレンジングです。高速コーナー、大きな高低差、何箇所ものテクニカルコーナーがあり、ここが嫌いだというドライバーには会ったことがありません。ドライバーにとっての敵は非常に高い気温と湿度です。私自身は、レースに復帰出来て喜んでいます。メキシコを欠場することになったのは残念でしたが、正しい決断だったと思います。

■セバスチャン・ブエミ (TS050 HYBRID #5号車)

メキシコは我々#5号車にとっては望んだ結果とはなりませんでしたが、内容的には良いものはあったので、オースティンでのレースを楽しみにしています。メキシコの決勝レースのペースはとても良く、アウディやポルシェと互角に渡り合うことが出来ました。オースティンはサーキットの特徴からも、更に我々のTS050 HYBRIDに適していると考えています。恐らくかなりの接近戦になると思いますが、良いパフォーマンスを見せてクリーンなレースが戦えることを望んでいます。

最終更新:9月13日(火)7時18分

TopNews

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]