ここから本文です

なんて読む? 日本の珍地名「老者舞」

ITmedia LifeStyle 9月13日(火)6時10分配信

 所在地は北海道釧路郡釧路町仙鳳趾村。うーん、ろうしゃまい? 珍地名の多い北海道らしく、正しくは「おしゃまっぷ」と読みます。由来はアイヌ語の「オ・イチャン・オマプ(川尻に鮭鱒産卵場がある)」だとされています。かつて鮭や鱒の産卵所だったのでしょうか。

【正解はこう読みます】

 老者舞は海岸沿いに位置する小さな地域で、小さな漁港があり、釣りもできます。大自然と荒波で育つ牡蠣が人気で、1年中食べられる家族経営の小さなカキ直売所があります。釧路ならではのゆったりした雰囲気を味わいたい方にはオススメな地域です。

最終更新:9月13日(火)6時10分

ITmedia LifeStyle

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]