ここから本文です

前年覇者チョン・インジが「日本女子オープン」に今年も出場

ゴルフダイジェスト・オンライン(GDO) 9/13(火) 12:52配信

世界ランク7位で、米女子ツアーを主戦場とするチョン・インジ(韓国)が29日(木)から栃木県の烏山城CCで行われる国内女子メジャー「日本女子オープンゴルフ選手権競技」に出場することが決まった。主催の日本ゴルフ協会(JGA)が12日(月)に発表した。

【画像】リオ五輪の会場でチョン・インジはドラえもんのピンバッチを手に笑顔

開催同週には米国女子ツアー「レインウッドLPGAクラシック」が中国で開催されるが、出場を打診したJGAに対して「昨年のチャンピオンとして、今年も挑戦したい」と出場意思を示したという。

チョンは、石川県の片山津GCで行われた昨年大会で、菊地絵理香、イ・ミヒャン(韓国)とのプレーオフを制して優勝。日本ツアーでは初出場だった同年5月のメジャー「ワールドレディスサロンパスカップ」に続く、出場メジャー2連勝だった。

昨年7月の「全米女子オープン」で優勝しているが、本格参戦後の今季米ツアーでは勝ち星がない。8月はリオデジャネイロ五輪で韓国代表としてプレーし、13位だった。

また、最終予選会から勝ち上がったアマチュア梶谷翼(岡山・山陽女子中1年)が、大会に出場すれば13歳17日で最年少出場記録を更新することも発表された。現在の記録は、2002年大会(箱根CC)の金田久美子で13歳50日。

最終更新:9/13(火) 12:52

ゴルフダイジェスト・オンライン(GDO)