ここから本文です

ANA、国際線貨物の燃油サーチャージは据え置き…JALはゼロ 10月

レスポンス 9月13日(火)8時14分配信

全日本空輸(ANA)は、10月の国際線貨物での「燃油特別付加運賃」(燃油サーチャージ)を9月と同額にすると発表した。

一方、日本航空(JAL)は10月から国際線貨物の燃油サーチャージをゼロにする。

ANAグループでは、燃油サーチャージを適用開始月2カ月前、1カ月間の航空燃油市場価格の平均に基づいて見直している。

今回、8月の航空燃料市場価格の平均が1バレル当たり53.68ドルとなったことから10月1日からの燃油サーチャージを現在適用している額と同じにする。長距離路線(日本=北米・欧州・中東など)が1kg当たり29円、遠距離アジア(日本=シンガポール・タイ・インドネシアなど)が27円、近距離アジア(日本=韓国・中国・フィリピンなど)が23円となる。

ANAでは航空燃料市場価格の平均が35ドルを下回るとゼロとなる。

《レスポンス レスポンス編集部》

最終更新:9月13日(火)8時14分

レスポンス

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

地球外生命を宿しているかもしれない1つの惑星と3つの衛星
地球外にも生命はいるのでしょうか?NASA(アメリカ航空宇宙局)の惑星科学部門の部門長であるジェームズ・グリーンと一緒に、地球外生命を宿していそうな場所を太陽系内の中で探してみましょう。 [new]