ここから本文です

霧島酒造、Arcserve UDPのベアメタル復旧を利用し、仮想化基盤への迅速なサーバー移行を達成

Impress Watch 9月13日(火)6時0分配信

 Arcserve Japan合同会社は12日、霧島酒造株式会社が、統合バックアップ・リカバリソリューション「Arcserve Unified Data Protection(UDP)」を利用し、仮想化基盤へのサーバー移行を実施したと発表した。また、バックアップ専用アプライアンス「Arcserve UDP 7300 Appliance」も導入している。

 霧島酒造ではBCP(事業継続計画)の観点から、クラウドサービスや事業者データセンターの活用を積極的に行ってきたが、複数データセンターでのシステム運用によりコスト負担が大きくなってしまった、という問題を抱えていた。

 そこで同社は、従来はDR(災害復旧)サイトとして利用していたデータセンターの仮想化基盤を利用し、サーバーを集約することを決定。Arcserve UDPの持つ「ベアメタル復旧」機能により、パブリッククラウドのIaaS上に構築したシステムから、仮想化基盤へサーバーを移行している。

 ベアメタル復旧機能は、OSから、アプリケーション、各種システム上の設定、個人設定、システムに格納されたデータまでを、そっくりそのままほかの環境で再現するもの。通常より迅速に復旧できるため、災害対策や仮想化基盤への移行にも活用されているという。

 霧島酒造の場合、IaaS上でアプリケーションサーバーなど45台のサーバーシステムが稼働し、約6TBのデータが蓄積されていたが、同社は、通常業務におけるバックアップ/リストアシステム構築時にこの機能を使い慣れていたこともあり、サーバー移行をわずか1日で実行できたとのこと。

 また、仮想化基盤へのサーバー集約に合わせて、バックアップ専用のアプライアンス「Arcserve UDP 7300 Appliance」の導入も決定した。必要な管理コンポーネントがインストール済みで、メモリやSSDなどのサイジングも不要であるため、バックアップシステムの導入作業を大幅に短縮。さらにライセンスが使い放題である点から、システム全体で約1割のコスト削減に成功したとしている。

 なお霧島酒造では、霧島酒造では今後、東日本のデータセンターにおけるDR環境の構築を目指しており、そこでもArcserve UDPとArcserve UDP 7300 Applianceを活用する計画だ。

クラウド Watch,石井 一志

最終更新:9月13日(火)6時0分

Impress Watch

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]