ここから本文です

高橋真麻が不起訴となった高畑裕太の件について持論「もし無罪を主張されるんであれば裁判をして」

リアルライブ 9月13日(火)17時26分配信

 強姦致傷容疑で逮捕されたが不起訴処分となり、9日に釈放された女優の高畑淳子の息子で元俳優の高畑裕太の件について、フジテレビ系「バイキング」で、高橋真麻がコメントした。

 今回の件について高畑裕太の担当弁護士からは、「違法性の顕著な悪質な事件ではなかった」「女性を見て欲求を抑えられなかった。やったことは認めるが、計画していたわけではない」とのコメントが出されている。そんな状況について、坂上忍から話を振られた高橋は、「もし無罪を主張されるんであれば、裁判をして、そこで無罪を勝ち取った方が高畑さんの社会的復帰もできるだろうし、みんながそれがよかったんじゃないかと思えるんだろうなと」と持論を展開。

 そして、「特にこういう事案になりますと、結局、真相がわからないだけに、よりみんなの興味であったり、実際、どうだったのかという“知りたい”という気持ちを駆り立てて、余計、追っかけ取材が起こったりとか、記事がでてしまう可能性もあるので」とも。

 ただ、「ちょっともやっとしてしまったけれども」と前置きして、「示談になった以上、相手方の女性もそれで了解したわけだから、この件はこれで終わり」とも語った。

最終更新:9月13日(火)17時26分

リアルライブ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。