ここから本文です

13日早朝まで余震166回 しばらく続くことも=韓国

聯合ニュース 9/13(火) 8:50配信

【ソウル聯合ニュース】韓国気象庁の関係者によると、12日午後8時32分に南東部の慶尚北道慶州市を震源とするマグニチュード(M)5.8の地震が発生した後、13日午前5時までに166回の余震が観測された。

 2.0~3.0の余震が153回、3.0~4.0の余震が12回、4.0~5.0の余震が1回だった。

 この関係者は「余震が数日、または数十日続くこともあり得る。いつ終わるか予測することができない」と述べた。

最終更新:9/13(火) 9:24

聯合ニュース

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

318歳のホログラムが語るSF世界での愛の未来像
SF作家のモニカ・バーンは、人種、社会そしてジェンダーの型にはまらない登場人物たちが織り成す、豊かな世界を想像しています。このパフォーマンスにおいて、バーンはピラーという登場人物としてホログラムで登場し、人間が宇宙に移住した近未来から、愛と喪失の物語を過去の私たちに向けて発信します。「想像する未来と実際の姿の対比はいつだって面白いのです」とバーンは言います。