ここから本文です

日立ソリューションズ、従量・継続課金型ビジネスを支援するサービス

BCN 9月13日(火)16時2分配信

 日立ソリューションズ(柴原節男社長)は、米Zuoraと販売代理店契約を結び、世界800社以上で導入されている従量・継続課金型ビジネス(サブスクリプションビジネス)を支援するクラウドサービス「Zuora(ズオラ)」を9月13日に発売した。

 Zuoraは、設定画面での簡単な操作で、従量・継続課金型サービスや料金プランの作成や変更を行うことができ、アプリケーションの修正やシステム変更のコストを削減する。また、新しいプランをタイムリーに顧客に提供することができるほか、蓄積された契約内容や購買傾向を分析することで、最適な価格設定やより良いサービスプランを検討、立案することが可能となる。

 製造やIoT、メディア、クラウド、ヘルスケアなど世界800社以上のニーズやノウハウを反映したSaaSサービスで、マルチ言語とマルチ通貨に対応。企業は、商品カタログや見積もり、契約管理、課金設定、請求、レポートなど、従量・継続課金型ビジネスに必要な機能を海外拠点からも利用することができる。また、SFA・CRMであるSalesforce.comとの接続オプションを提供。Salesforce.comと自動連携することで、営業プロセス全体の効率化を図ることができる。

 日立ソリューションズでは、顧客管理・課金・請求業務向けソリューション「BSSsymphony」の実績に基づいた業務ノウハウや機能を必要に応じてZuoraと組み合わせ、ERP/CRM関連の実績を生かし、企業のビジネスニーズに応じた最適なシステムを早期に実現する。企業をトータルに支援することで、2020年度までに関連ソリューションを含め、50億円の売り上げを目指す。

最終更新:9月13日(火)16時2分

BCN