ここから本文です

高雄メトロ、萌え系キャラのゲームアプリリリース…利用増狙う/台湾

中央社フォーカス台湾 9/13(火) 14:28配信

(高雄 13日 中央社)高雄メトロ(MRT)は12日、萌え系オリジナルキャラクター、高捷(たかめ)少女のスマートフォン向けゲームアプリ「高捷恋旅」をリリースした。同社の路線にある7駅に隠れているキャラクターを集める内容で、利用者増につなげたい考え。

集めたキャラクターと記念写真を撮影することも可能。特製の交通系ICカードがもらえるチャンスもある。

赤字にあえぐ同社は、状況を打破しようと2014年に高捷少女を登場させた。公共事務処の石耀誠処長によると、関連の絵本や文具、ライトノベル、映像商品などの販売で、年間1000万台湾元(約3200万円)を超える収益をもたらしたという。

カク建生董事長(会長)は、今回リリースされたアプリについて、映像とハイテクを使って高雄をアピールしたいと期待を寄せている。(カク=赤におおざと)

(王淑芬/編集:齊藤啓介)

最終更新:9/13(火) 14:28

中央社フォーカス台湾

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

318歳のホログラムが語るSF世界での愛の未来像
SF作家のモニカ・バーンは、人種、社会そしてジェンダーの型にはまらない登場人物たちが織り成す、豊かな世界を想像しています。このパフォーマンスにおいて、バーンはピラーという登場人物としてホログラムで登場し、人間が宇宙に移住した近未来から、愛と喪失の物語を過去の私たちに向けて発信します。「想像する未来と実際の姿の対比はいつだって面白いのです」とバーンは言います。