ここから本文です

石川遼がオデッセイの限定パターをテスト

ゴルフダイジェスト・オンライン(GDO) 9月13日(火)17時52分配信

キャロウェイゴルフ社は13日、今週開幕する国内男子ツアー「ANAオープン」の会場・札幌GC輪厚コースで、24日に発売を予定している『オデッセイ』ブランドの限定モデルパターを初披露。契約プロの石川遼がさっそく練習グリーンでテストした。

【画像】5200枚オーバー! 石川遼のフォトギャラリー

まだ正式名称が伏せられている新パターは、現時点では『DYPEモデル』と呼ばれている。ソールデザインには、ドル(Doller)、円(Yen)、ポンド(Pound)、ユーロ(Euro)の主要4通貨の単位記号が散りばめられており、勝つためのパター、すなわち“パット・イズ・マネー”を強調しているらしい。

フェースはツアー使用率ナンバー1の「ホワイトホット」インサートが搭載され、用意されたヘッド形状は4タイプ。普段使用しているヘッド形状とは異なるマレット型を試打した石川は、その手に伝わる感触をこう話した。

「現在使用しているパターと同じホワイトホットインサートなので、フィーリングに違和感はありません。少しソフトな感触でフェースにきちんとボールが乗っていく感じがあり、ボールの打ち出しをコントロールしやすい」

もともと「パターはアイアンと同じショットで打ちたい。パターは自分の掌の延長線だと思っている」と話しており、「フィーリングがソフトだと球が転がらないイメージがあるけれど、きちんと転がってくれます」と好印象も口にした。

ただ、「感覚が研ぎ澄まされている時はL字パターを使用している」とも語り、「現在使用しているL字が好調なので、気分転換をしたい時のスペックの1つとして捉えたいですね」と、今週の投入に向けては慎重に判断する考えのようだ。

最終更新:9月13日(火)17時52分

ゴルフダイジェスト・オンライン(GDO)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。