ここから本文です

乳がんの転移診断を支援する近赤外光カメラシステムを発売

MONOist 9/13(火) 8:55配信

 島津製作所は2016年8月29日、リンパ管を可視化し、乳がんの転移診断を支援する近赤外光カメラシステム「LIGHTVISION(ライトビジョン)」を発売した。

 近赤外光カメラシステムは、血管やリンパ管などに投与した薬剤ICG(インドシアニングリーン)に励起光を照射し、ICGから発生する微弱な近赤外光を画像化することで、血管やリンパ管の観察を可能にする。ICG蛍光法とも呼ばれるこの手法は近年注目されており、日本乳癌学会も診療ガイドラインで実践を推奨しているという。

 LIGHTVISIONは、高精細な画像を描出できるハイビジョン画像センサー内蔵で、執刀医がモニターを見ながら手術を進めることができる。また、明視野での撮影に対応しているため、手術室の照明を消す必要がない。

 さらに、「可視画像」「近赤外蛍光画像」「可視+近赤外蛍光画像」の3種類を同時に1つのモニターに表示して確認・比較ができる。視認性に優れ、「可視+近赤外蛍光画像」では、蛍光個所を白のほか、緑色や青色にも変更可能だ。

 カメラは、最大倍率10倍の電動ズームや自動フォーカス、自動露光調整、自動ホワイトバランス調整に対応。アームは約180cmまで伸ばせる。また、取り外し可能なコンソールから容易に本体の制御ができる。

 価格は2400万円から(税別。システム構成により異なる)。同社は今後、LIGHTVISIONの応用による血管造影にも取り組むとしている。

最終更新:9/13(火) 8:55

MONOist