ここから本文です

「どう見ても板東英二」が「YouTuber」に 「ゆで卵」体当たり企画が「せつない」

J-CASTニュース 9月13日(火)19時27分配信

 「ゆで卵大好き」キャラでも有名な元プロ野球選手でタレントの板東英二さん(76)「そっくり」の「B.E.」(Boiled Egg=ゆで卵)というキャラクターによる「YouTuber」活動が、インターネット上で話題を集めている。

【写真】アップでも板東さんにしか見えない?

 「B.E.」は、黒いサングラスで素顔を隠した「76歳のYouTuber」だそうで、動画の中で、「マイネームイズ、ボイルドエッグ」「B.E.と呼んでクダサーイ」などと「片言」で話し、体当たり企画に挑戦している。

■ゆで卵を「甘いシロップ」で食べる動画

 YouTubeに「B.E.チャンネル」が開設されたのは2016年9月4日。チャンネルの紹介文や動画の中では「板東英二」という名前は一切出てこないが、出演している男性はどうみても板東さん。顔立ちや体型だけでなく、名古屋弁を交えた特徴的な話しぶりも声も本人そのもの。仮に「そっくりさん」なら驚愕ものだ。

 13日夕までに投稿された動画は3本で、合計の再生回数は12万回を超えている。チャンネルの登録者数も、開設からわずかの間に1500人近くに達している。デビュー動画として4日に投稿されたのは、若者に人気のお笑いダンスユニット・エグスプロージョンの「本能人の変」を、板東さん扮するB.E.が「踊ってみた」という内容だった。

 動画を再生すると、学生服姿のB.E.が登場。アップテンポの音楽が流れると同時にダンスを始めるのだが、激しい振りつけについていけない部分も多く、片足を上げてジャンプする場面では、何度もふらついてバランスを崩す場面があった。

 ほかに投稿されている2本の動画は、どちらも本人のトレードマークになっている「ゆで卵」に関するもの。ゆで卵に合う調味料を検証するという内容で、ゆで卵好きの板東さんを嫌でも連想させるものになっている。

 とくに11日に公開された「ゆでたまごに合う【シロップ】グランプリ」と題した動画は、ゆで卵にチョコレートやキャラメルなどの甘いシロップをつけて食べるという内容。4種類のシロップでゆで卵を食べたB.E.は、動画の終わりに「企画倒れですね...」と言葉少なに話していた。

1/2ページ

最終更新:9月14日(水)11時44分

J-CASTニュース

いかにして巨大イカを見つけたか
人類は水中撮影を始めたときから巨大イカ(ダイオウイカ)を探し求めてきました。しかしその深海の怪物を見つけることは難しく、今まで撮影に成功したことはありませんでした。海洋学者であり発明家でもあるエディス・ウィダーは、ダイオウイカの初の撮影を可能にした知見とチームワークについて語ります。