ここから本文です

IoTプラットフォーム導入で協業、工場施設管理の企画・構築・運用を一括支援

MONOist 9/13(火) 9:55配信

 ウフルとPTCジャパン(PTC)は2016年8月30日、PTCが提供する「ThingWorx」の導入で協業することを発表した。設備保全や予兆監視、スマートファクトリー化など、工場施設管理全体の企画立案から構築・運用までを一括支援するサービスを提供開始する。

【その他の画像】

 ThingWorxは、IoT(モノのインターネット)アプリケーションの設計機能や実行環境などを提供するIoTプラットフォームだ。IoTアプリを迅速に開発できるため、製造業をはじめとするさまざまな企業に導入されている。

 ウフルでは、2016年4月に「ウフルIoTイノベーションセンター」を開設。同年5月に、「IoTパートナーコミュニティ」を設立するなど、IoT領域での事業展開を進めている。今回の協業により、ウフルのIoT領域におけるコンサルティングやシステム構築とPTCのIoTプラットフォームが持つ強みを連携させ、ユーザーのIoTビジネス推進を支援していくという。

 既に、施設管理や設備管理領域向けのプロジェクトを先行で着手しており、今後両社で共同案件を実施していく。同時に、共催セミナーなどのマーケティング活動も実施する予定だ。

最終更新:9/13(火) 9:55

MONOist