ここから本文です

銀座ソニーストア営業終了、新ビルは「ソニーファン創造の拠点」へ

アスキー 9月13日(火)9時0分配信

東京・銀座のソニービルに入居していたソニーショールームおよびソニーストア銀座が、2016年8月28日に営業を終了した。

今回のことば
 
 「ソニーファンを創造する拠点として、お客様に愛されるショールーム/ストアにしていく」(ソニーマーケティングの河野弘社長)
 
ソニーストア銀座が営業を終了
 東京・銀座のソニービルに入居していたソニーショールームおよびソニーストア銀座が、2016年8月28日に営業を終了した。
 
 2017年3月31日には、ソニービル全体の営業を終了。それに先駆けて、ひと足先に営業を終了した格好だ。そして、9月24日には、銀座4丁目交差点にオープンする「GINZA PLACE」ビルの4~6階の3フロアを使って、リニューアルオープン。銀座からソニーの「灯」は消えることはない。
 
銀座の玄関として1966年にオープン
 もともとソニービルは、ソニー創業者である盛田昭夫氏の肝入れで建設されたものだ。
 
 いまから50年前の1966年4月29日にオープンしたソニービルは、「世界一地価が高い贅沢な場所に、電機専業メーカーがビルを建てることは、思い上がりも甚だしいと言われるかもしれない」としながらも、「だが、建てると決めた以上は最大の効果をあげるべく全力を尽くす」と決意。「東京・銀座の玄関として、ソニー本来のショールームの役割とともに、より有意義な建物を建設すべきである」とのコンセプトを掲げた。
 
 その結果、「こんな地価が高いところでは、どんな商品を売っても採算があわない」と判断。ソニー製品だけに留まらず、各社の商品が展示できる総合ショールームにすることを決意。自動車メーカーやオートバイメーカー、楽器メーカー、化粧品メーカーなどが、各社のショールームを出店。銀座の玄関を飾るに相応しいビルとしてオープンした。
 
 ソニーのブランド発信基地としてだけでなく、よりすぐった日本の製品を一堂に展示。このとき、すでに海外展開を開始していたソニーが主導し、銀座を国際的なロケーションへ導くためのショールームビルとして、ソニービルは誕生したのだった。
 
 もうひとつソニービルの特徴は、「ソニースクエア」と呼ばれるエリアを設けた点だ。
 
 数寄屋橋交差の角地の建物であるため、本来ならば、角部分に正面入口を設置するのが最適なのだが、ソニービルでは、角部分の33平方メートル(約10坪)に、「ソニースクエア」と呼ぶ屋外公共広場を設けた。
 
 これも盛田氏のこだわりのひとつだ。
 
 銀座の街との一体化を目指し、様々なイベントを開催。1966年のオープン時には、八丈島などから取り寄せた約2000株のあせび(馬酔木)を植えたり、チャリティーイベントを開催。企業や団体などに貸し出すこともあったほか、四季折々の変化に応じたイベントが開催する場として利用されてきた。定番イベントとして固定ファンも多い、大型水槽を使ったソニーアクアリウムや、美ら海水族館との連動イベントも有名だ。銀座を訪れる人たちを楽しませてきた「ソニースクエア」は、電機メーカーの発想を超えた場所であり、多くの人に価値を提供するためのアイデアといえた。
 
新たなソニービルは?
 このソニースクエアの考え方は、これからのソニービルの建て替えにおいても継承されることになる。
 
 ソニーでは、ソニービルをリニューアルする「銀座ソニーパークプロジェクト」を実施。来年3月の営業終了後、ソニービルを解体したのちは、約3年間にわたって、平地に整備して「銀座ソニーパーク」として開放。訪日観光客の増加が見込まれる2020年まで、銀座の憩いの場として、自由に使えるエリアにする計画だ。
 
 これも、「銀座の街との一体化を目指す」という考え方に基づいたものであり、ソニービルのソニースクエアに共通するものだ。
 
 そして、東京オリンピック/パラリンピックが終了した2020年秋以降には、新たなソニービルの建設を開始。2022年秋に営業を再開することになる。
 
 「将来のソニーを象徴するビルに建て替えることになる」と、ソニーショールームおよびソニーストア銀座を運営するソニーマーケティングの河野弘社長は語る。
 
 夏休み最後の日曜日となった2016年8月28日。ソニーマーテケィングの河野弘社長は、ソニーショールームおよびソニーストア銀座が閉店となる午後7時まで、その場を離れなかった。
 
 「1966年4月から50年間に渡って、多くのソニーファンの皆さんと商品を介して接することができた。ソニーファンを創造するための重要な顧客接点の場であり、この発想を形として実現させた創業者の志の高さに改めて敬意を表し、その意志を継いでいきたい」と語る。
 
 河野社長は盛田氏から「お客様と直接話をしないとダメなんだ」という言葉を何度も聞いたという。
 
 「お客様とメーカーとのダイレクトな接点を設け、お客様の声を直接お聞きするチャネルを持ったことには大きな意義があった。盛田氏が語っていた言葉は、本当に重要なことであったと改めて感じる」と続ける。
 
 ソニーマーケティングジャパンでは、「カスタマーマーケティング戦略」を打ち出している。これは、顧客の目線で、購入前から購入後までを、製品によるモノ軸ではなく、商品を使って、顧客が楽しむことができるコト軸により提案。「ソニーファンの創造」へとつなげていくというものだ。製品を納めて終わりというのではなく、その先の顧客にまでフォーカス。さらに、購入後もしっかりとサポートをしていくための施策を展開する。αシリーズの購入者に対して使い方教室を無償で開催したり、レンズの貸し出しを行なっているのも、カスタマーマーケティング戦略の基本的な考え方をベースにしている。
 
 「この戦略は、盛田氏の考え方を引き継いだものだといえる。お客様から得たフィードバックを、事業部の商品企画、設計担当者と定期的に共有し、ユーザー視点のモノづくりを、ソニーのなかに持ち続けることの大事さを教えてくれている」とする。
 
社長が語るソニービルの役割
 一方で、顧客との接点は、ユーザーにとっても重要な意味を持つ。
 
 「ユーザーから見ればソニーの商品やサービスを、ダイレクトに『確認する』ことができる場としての意味が大きかった」とする。
 
 そして「今後はネットとリアルを融合させる形で、ユーザーとのダイレクトな関係を構築する重要性がもっと増してくる。コミュニケーションのみならず、ビジネスモデルにも変化をもたらすと考えている」とし、新たな接点の作り方を模索する考えだ。
 
 実は河野社長も、ソニービルには多くの思い出がある。
 
 とくに新入社員の時には、商品の勉強をするために頻繁にソニービルを訪ねていたことを思い出すという。
 
 「ソニーショールームを訪れて、ソニー商品に直接触れることで、商品を勉強したことを憶えている。その際にショールームのアテンダントが商品について勉強し、深く理解し、お客様のあらゆる質問に答えている光景を見た。自社の商品に誇りを持ちながら、勉強する姿勢を教えられた」と振り返る。
 
 また河野社長が、ソニー・コンピュータエンタテインメントジャパンのプレジデントを務めていたときには、PlayStation 4の発売イベントを、深夜にソニービル8階のOPUSで行ったことが印象深いという。
 
 「PlayStationファンの熱狂ぶりと、ソニービルがソニーグループのブランド発信基地という存在であることを、改めて実感したことを鮮明に記憶している」とする。
 
 営業を終了したソニーショールームおよびソニーストア銀座は、9月24日に「GINZA PLACE」でリニューアルオープンする。
 
 河野社長は「ソニーマーケティングジャパンの『カスタマーマーケティング戦略』を実現する、顧客接点のフラッグシップ的な役割を果たすとともに、戦略的な拠点にしたいと考えている。最新の商品を、いち早く試せる場所、心置きなく確認できる場所、商品を体感できる場所として、たくさんの方に来店していただけるような魅力ある場にしていきたい」と語る。
 
 新たなソニーショールームおよびソニーストア銀座、そして2022年に竣工する予定の新たなソニービルは、未来のソニーの歴史において、どんな役割を果たすことになるのだろうか。
 
 
文● 大河原克行、編集●ASCII.jp

最終更新:9月13日(火)15時36分

アスキー

豊洲へなぜ市場移転 経緯と課題

築地から市場が移転される豊洲で、都が土壌汚染対策をしていなかったことが発覚。そもそもなぜ豊洲に移転するのか、経緯と課題を知る。