ここから本文です

11月3日は〈レコードの日〉、第1弾アイテムを発表

CDジャーナル 9/13(火) 16:26配信

 国内唯一のアナログレコードプレスメーカーである東洋化成が主催する“アナログレコードの魅力を1人でも多くの人に知ってほしい”という思いからスタートした、11月3日の〈レコードの日〉。昨年に続き、この日のために制作されたレコードが11月3日午前0時より一斉に発売となるこのイベントの第1弾参加アイテムが発表となりました。

 今回発表となったのは、全34作品。平山みきの1975年のヒット曲にして和モノDJにも大人気の「真夜中のエンジェル・ベイビー」、佐野元春の『SOMEDAY』をはじめとする3作のアルバム群、おやすみホログラム「ニューロマンサー」のVMOとHave a Nice Day!によるリミックスヴァージョン、頭脳警察の“幻の1stアルバム”として知られる『頭脳警察1』、是枝裕和監督の最新作『海よりもまだ深く』主題歌として5月にCDリリースされたばかりのハナレグミ「深呼吸 / 別れの予感」、rei harakamiが2005年に発表した傑作アルバム『lust』など、個性豊かな作品が並んでおり、近年急速にその存在感を増しているアナログレコードの可能性を感じることができるラインナップとなっています。

 今後も第2弾アイテムの発表を控えているほか、レコードの日当日には各ショップでのリスニングイベントやオーディオ・ブランドをはじめとする企業とのコラボレーションなども実施予定。第1弾アイテムの仕様とあわせ、詳細は〈レコードの日〉オフィシャルサイト(レコードの日.jp)にてご確認ください。

最終更新:9/13(火) 16:26

CDジャーナル

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

失うことで不完全さの中に美を見出した芸術家
画家のアリッサ・モンクスは、未知のもの、予想しえないもの、そして酷いものにでさえ、美とインスピレーションを見出します。彼女は詩的で個人的な語りで、自身が芸術家として、そして人間として成長する中で、人生、絵の具、キャンバスがどう関わりあってきたかを描きます。 [new]