ここから本文です

スピルバーグが語る、ディズニーとの初タッグと「BFG」原作者とへの思い

映画.com 9月13日(火)12時0分配信

 [映画.com ニュース] スティーブン・スピルバーグ監督の新作「BFG ビッグ・フレンドリー・ジャイアント」の原作者ロアルド・ダール氏の生誕100周年にあたる9月13日、スピルバーグ監督が、ダール氏への思いと、米ウォルト・ディズニー・スタジオと初のコラボレーションについて語った特別動画が公開された。

 本作は、「チャーリーとチョコレート工場」や「ファンタスティック Mr. Fox」の原作者として知られるダール氏の児童書「オ・ヤサシ巨人 BFG」の映画化。かねてダール作品のファンで、自分の子どもたちに原作本を読み聞かせしていたというスピルバーグ監督は、「怖いことを描きながらも同時に救いがあり、誰にとっても恒久的な教訓になる。それは、ダールが成し遂げたすばらしい偉業であり、私が魅力を感じ、監督したいと思った理由でもあります」と説明する。

 ダール作品の魅力である「ダークさと明るさの組み合わせ」は、「ダンボ」や「ファンタジア」「白雪姫」といったディズニーの初期の作品にも共通するトレードマークだ。満を持してディズニー映画でメガホンをとったスピルバーグ監督は、特別動画内で「この初仕事を誇りに思う」と語っている。

 ちなみに、巨匠スピルバーグ監督に多大な影響を与えたディズニー氏とダール氏は、1943年4月に対面。数々のプロジェクトについて話し合ったうちのひとつが、すでに作家として活躍していたダール氏が初めて執筆した児童書「グレムリン」の映画化企画だった。当時は実現しなかったが、同作にインスピレーションを得た長編映画「グレムリン」(84)で製作総指揮を務めたのが他でもないスピルバーグ。不思議なめぐり合わせで結ばれた3つのビッグネームが、「BFG ビッグ・フレンドリー・ジャイアント」で一堂にそろった。

 本作は、心優しい巨人BFG(マーク・ライランス)とひとりぼっちの少女ソフィー(ルビー・バーンヒル)の友情を描くファンタジーアドベンチャー。9月17日から全国公開。

最終更新:9月13日(火)12時0分

映画.com