ここから本文です

ピーチ、来夏から仙台に第3拠点 井上CEO、中国・露極東・越へ拡充視野

SankeiBiz 9月14日(水)8時15分配信

 関西空港に本社を置く格安航空会社(LCC)ピーチ・アビエーションの井上慎一最高経営責任者(CEO)は13日、上海市内でフジサンケイビジネスアイの取材に応じ、関空と沖縄県の那覇に続く第3の拠点空港として宮城県の仙台を選び、来年夏に運用を始める方針を明らかにした。

 国内に14路線、国際線で10路線をもつピーチは関空と羽田から週5便ずつ、11月に上海線を就航させることを決めている。井上CEOはさらに、「仙台を加えた3拠点空港から片道4時間以内の飛行範囲をターゲットにする」と話し、中国の東北部や内陸部、ロシア極東やベトナム、ミャンマーなど東南アジアへ路線を拡充する意向を示した。

 一方、ピーチの主要株主である香港の投資会社、第一東方投資集団の諸立力会長は13日までに香港紙の取材に、「機材や路線拡充のため香港か日本でピーチの株式上場を検討する」と述べた。井上CEOは「株主が決定する内容だ」としながらも、事業拡大のための資金調達の手段として、上場に意欲をにじませた。

 井上CEOはまた、「現在17機の態勢を年度内に18機、来年度に20機にするほか、2020年までに35~40機に増やし、若い女性を中心にアジアの顧客層を開拓する」と話した。(上海 河崎真澄)

最終更新:9月14日(水)8時15分

SankeiBiz

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

地球外生命を宿しているかもしれない1つの惑星と3つの衛星
地球外にも生命はいるのでしょうか?NASA(アメリカ航空宇宙局)の惑星科学部門の部門長であるジェームズ・グリーンと一緒に、地球外生命を宿していそうな場所を太陽系内の中で探してみましょう。 [new]